Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

新春懇親パーティ
 今日は、毎年恒例の音楽事務所―ジャパン・アーツの新年懇親パーティがANAインターコンチネンタルホテルで行われた。
 このパーティには毎年ジャパン・アーツ所属の音楽家が多数参加し、今年の抱負や演奏予定などが発表される。
 今日もさまざまなアーティストが壇上に並び、紹介された。



 そして途中から、世界各地で幅広い活躍を展開しているフィンランドの指揮者、ピエタリ・インキネンが参加。2016年9月より日本フィルの首席指揮者に就任したが、その初公演として、20日と21日にサントリーホールでブルックナーの交響曲第8番を振ると語り、2017/18年のシーズンからはザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席指揮者に就任する予定だと発表した。
 次いで、リサイタルのために来日しているピアニストのキット・アームストロングが壇上であいさつ。今回のプログラムについて自身の考えを話した。
 キットには前にインタビューをし、その後も彼は近況をいつもメールで知らせてくれる。
「いつ日本に着いたの?」と聞いたら、なんと、「今朝だよ」といっていた。
 1月もあっというまに、もう20日だ。この新春懇親パーティが新年の幕開けの意味をもっているはずなのに、はや仕事は全開となってきた。
 もたもたしていると、すぐに2月になってしまう。2月にはまた海外出張の予定が入っている。まだ詳細は明らかになっていないが、そうこうしているうちにすぐに春が巡ってくるのではないだろうか。
 本当に日が経つのは早いよねえ。今日は仕事仲間とその話になり、ため息をついた。華やかなパーティなのに、ため息。困ったもんだ(笑)。
 写真は、挨拶するピエタリ・インキネンとキット・アームストロング。





 このパーティでは、いつも新人も紹介される。今日は、まだ12歳という若きピアニスト、奥井紫麻(おくいしお)に会った。彼女は2月からモスクワ音楽院付属中央音楽学校に留学するそうだ。ロシアが大好きで、モスクワで勉強できることに大きな期待を寄せていた。



 もうひとり、3月にCDデビューを果たすピアニスト、尾崎未空(おざきみそら)とも話し、前向きな姿勢に好感をもった。



 最近の若いアーティストは、本当に個性的な名前の人が多い。このふたりも、一度聞いたら忘れない名前の持ち主。ぜひ、大きく羽ばたいてほしい。
 
 
 
 
| アーティスト・クローズアップ | 22:17 | - | -
ティボー・ガルシア
 ギター好き、スペイン好きの私が、最近ほとんど毎日聴いているCDがある。
 ギター界の新星、スペインの血を引く、フランス生まれのティボー・ガルシア22歳の録音である。
 ガルシアは21歳までに各地の国際コンクールを6度も受け、すべて優勝という快挙を成し遂げた。
 そして2015年、現在のギター・コンクールの最高峰と称されるアメリカのGFA国際ギター・コンクールで第1位を獲得し、これを機にカーネギー・ホールで演奏したり、録音を行ったり…。
 私が聴いているのは、エラート・レーベル専属契約の第1弾で、ラテン・ギターの伝説的作品をぎっしり詰め込んだ「レイエンダ〜伝説のギター」(ワーナー)。彼の演奏は、繊細かつ情熱的で、豊かな歌心が全編を覆っている。
 このアルバムにはアルベニス、ファリャ、ロドリーゴ、タレガというスペインの作曲家の有名な作品が選ばれ、ピアソラの曲も含まれていて、ガルシアがライナーノーツに綴っているように、彼の人生、旅、スペイン系のルーツを思い出させる選曲となっている。
 なかでも印象的なのは、スペインに生まれ、アルゼンチンで亡くなったアントニオ・ヒメネス・マンホーン(1866〜1919)の「バスクの歌」が収録されていること。ガルシアの得意とする曲のようで、コンクールでも演奏し、手の内に入った演奏となっている
 ふだんあまり耳にする機会のない曲だが、バスク地方特有のリズム、哀愁と情熱に彩られた旋律がまっすぐ心に響いてきて、深い感動をもたらす。
 近年、ギター界にはミロシュが登場し、みずみずしく鮮烈なギターで話題を呼んだが、またまた新たな才能が現れた。
 ティボー・ガルシアの切々と語りかけるタレガの「アルハンブラの思い出」の演奏は、私をグラナダへと一気にいざなってくれる。
 今日の写真は、そのジャケット写真。ぜひ来日してほしいと願う。ギターはナマの音で真価が明確になるから。


 
| 情報・特急便 | 21:21 | - | -
ロジャー・フェデラー復活!
 私がずっと応援し続けているテニスのレジェンド、ロジャー・フェデラーが左ひざのケガから復帰、半年ぶりにツアーに戻ってきた。
 2017年の最初のグランドスラム、全豪オープンである。
 今日は2回戦が無事に終わり、3回戦へと駒を進めることになった。
 膝の具合はかなりいいようで、かろやかに鮮やかに舞うようなテニスがまた見られるようになった。うれしい限りだ。
 現在は17シードまで落ちてしまったが、半年間休んでいたのだから仕方がない。
 でも、さすがにフェデラーの試合はいつも満員で、常にセンターコートのロッド・レーバー・アリーナで行われている。
 ただし、テニスは試合時間が長い。原稿書きの手を止めてテレビ観戦しているのだが、気が気ではない。
 幸い、今日はストレートの3セットで勝ったため、短くて助かった。
 私はフェデラーが現役のうちに、ウィンブルドンに観戦にいきたいと思っているのだが、これは「夢は夢のままで」ということになりそうだ。
 いまはもう、順位はあまり気にならなくなった。本当にテニスが好きなフェデラーが、何位であろうと、健康で元気に美しいテニスを見せてくれればそれでいい。
 あと何年この芸術的美しさのテニスが見られるかわからないが、なるべく長くプレーしてほしいと願う。
 ロジャーが敗戦すると、どうも原稿に身が入らなくなるから困る。私の活力の素になっているのだから、ロジャー、頑張って!
 
| 日々つづれ織り | 22:26 | - | -
サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ
 2014年5月9日、新宿高島屋の4階にある「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」で、「クラシック音楽の楽しみ方」と題する講座の講師を務めた。
 そのときの様子はブログに綴ったが、実はこのときにいただいた今田美奈子さん特製のマロングラッセの深い味わいにすっかりハマってしまった。
 イタリアの栗を使っているそうで、ブランデーの芳醇な香りがする大人のスイーツ。口のなかでふんわりと溶け、深い味わいとともにヨーロッパの文化が感じられるような逸品である。
 これ以来、私は何度も今田さんのサロンに伺い、お茶を飲んだ後に、マロングラッセをお土産に購入している。
 そのときのブログにも書いたが、私は若いころに今田さんのケーキ教室に通ってお菓子を習ったことがある。
 このクラシックの講座の講師のお話をいただいたときにも、何かの縁を感じたものだ。
 このサロンは、新宿駅のそばにありながら、とてもゆっくりと静かにお茶をいただくことができる場所である。ケーキも紅茶もとてもおいしい。
 仕事の打ち合わせをゆっくりしたいときには、最適のサロンである。
 でも、いつもマロングラッセに心惹かれてしまうんだよね。
 こういうひとつのスイーツを口に含むだけで、ヨーロッパの歴史、伝統、文化、芸術、自然までもが連想できるというのは貴重である。この味を知って以来、私はお砂糖がたくさんまぶしてあったり、すごく甘いマロングラッセが食べられなくなってしまった。
 今田美奈子さんのマロングラッセは、彼女のお菓子作りの哲学が感じられる。
 さて、またひとついただきましょうか(笑)。
 今日の写真は、クラシカルな味わいのマロングラッセ。これは、上質な紅茶を選ばないと、お菓子に負けてしまう。


 
| 美味なるダイアリー | 22:09 | - | -
プラド美術館の三時間
 アーティストにインタビューをするなかで、ある絵画や書籍や映画などが無性に見たくなるということがある。
 昨年末、ピアニストの赤松林太郎にインタビューをしたとき、彼が「この本、よかったら読んでください」と渡してくれたのが、「虹のように」赤松林太郎著(道和書院)。
 この本のなかで、「グラナドスの音楽を感じるには、この1冊を読めば十分だと思われる」と紹介しているのが、エウヘーニオ・ドールスの名著「プラド美術館の三時間」(神吉敬三訳、ちくま学芸文庫)。
 たまたまこの1997年の第1版をもっていたので、本棚から引っ張り出し、改めてグラナドスを意識して読んでいる。
 文庫本といっても、ドールスの文章はさらりと読めるものではないため、結構時間がかかる。だが、私はグラナドスが大好きなため、その作品を理解するためにじっくり読みたいと思っている。
 プラド美術館は何度か訪れているが、最近はいついっても長蛇の列で、その人たちから「もう3時間も並んでいる」といわれると、あきらめざるを得ない。
 この本を改めて時間をかけて読んだ暁には、グラナドスの音楽が自分のなかでどのように変容しているか、楽しみである。
 今日の写真は、「プラド美術館の三時間」の表紙。このタイトルの付け方、本当にうまいよねえ。傑作だと思うワ。


 
| 日々つづれ織り | 23:42 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE