Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

クルト・モル
 ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場が、クルト・モルの訃報を発表した。
 クルト・モルはドイツの著名なバス歌手。1938年4月11日ケルン近郊で生まれ、モーツァルトやワーグナーのオペラで活躍した。亡くなったのは、3月5日、享年78。
 ザルツブルク音楽祭やバイロイト音楽祭で個性的な歌声を披露し、演技力もすばらしかった。2006年に健康上の理由により、惜しまれつつ引退している。
 最後の舞台となったのは、バイエルン国立歌劇場のワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」だった。
 クルト・モルの歌声で忘れられないのは、カルロス・クライバー指揮ウィーン国立歌劇場によるR.シュトラウス「ばらの騎士」である。1994年3月のウィーン公演と、同年10月の東京公演のふたつを聴くことができた。
 これはフェリシティ・ロット、アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、バーバラ・ボニー、クルト・モルという当時考えられる最高のキャストが組まれた公演で、日本でも語り草となっている。
 2回とも、いまなお忘れえぬ深い感銘を受けた公演だったが、実は、クルト・モルに関しては、こんな思い出がある。
 来日公演が行われている時期、FM誌の編集担当者と彼らが宿泊しているホテルに出向き、仕事をしていたのだが、ロビーで待ち合わせをしていると、クルト・モルの姿が見えたのである。
 彼は夫人を伴い、上質のスーツ姿で立ち話をしていたのだが、圧倒的な存在感を放っていた。
 いつもオペラでは、コミカルなオックス男爵を演じ、うたう姿しか見ていないため、その知性的で凛としたたたずまいには、惚れ惚れとしてしまった。
 そうか、素顔はこういう人なんだと驚いた覚えがある。
 私はその直後、会う人ごとにクルト・モルの話をし、「すっごい素敵よ」といい続けたものだ。
 インタビューをする機会はなかったが、できることだったら話を聞きたかった。
 でも、あのインテリジェンスで男性的で包容力のある雰囲気は、いまだはっきり脳裏に焼き付いている。
 クルト・モルは深々とした低音の響きを聴かせたが、演技力も見事だった。フォン・オッターとのやりとりは、残された映像を観るたびに笑いがこみあげる。
 ご冥福をお祈りします。
 
| 巨匠たちの素顔 | 22:36 | - | -
ルドルフ・ブッフビンダー
 今日、ルドルフ・ブッフビンダーの「アーティスト・レシピ」を公開した。ぜひ、見てくださいね。 
 私はブッフビンダーのピアノが大好きなのだが、彼はインタビューは、かなりしにくい人である。
 まず、作品論をあまり語ろうとしない。そういうことはもうあらゆるメディアで出尽くしているから自分がいまさら、という考えだ。
 それでも、なんとか新譜に関する考えとか、録音の内容などを聞き出そうと試み、四苦八苦していると、突然、饒舌になる。
 それは、楽譜の版に関する質問をしたときである。
 ブッフビンダーは完璧主義者で、ひとつの作品を演奏するときにはいくつもの版を研究し、明らかなミスプリントがあると、楽譜の出版社に訂正を申し出るという。
 しかし、出版社はなかなか応じようとしない。
「ですから、私は自分が調べ上げた作曲家の自筆譜の音符や記号をすべて提示して、ここがこうまちがっている、作曲家の真意はこうだと説明するのですが、相手はなかなか耳を貸そうとしない。いまさら面倒だと思っているのでしょう。でも、それでは作曲家に敬意を表することにはならないし、明らかなまちがいがあるのですから、訂正すべきです」
 ブッフビンダーは、この話題になるとにわかに表情が変わり、雄弁になり、熱弁をふるうために顔が真っ赤になっていく。
 こうした作曲家への真摯な思いとたゆまざる研究が、あの聴き手の心を震わせる演奏を生むのである。
 記事にも書いたが、10月にはまた来日し、ブラームスを演奏する。ブッフビンダーはブラームスのピアノ協奏曲も作曲家の自筆譜を所有しているそうだ。
 さて、どんなブラームスが生まれるだろうか、ひたすら楽しみだ。
| 巨匠たちの素顔 | 23:03 | - | -
ロリン・マゼール
 指揮者の記憶力にはいつも脱帽してしまう。
 あんなに厚いスコアを全暗譜し、スコアなしで演奏する人も多く、特にズービン・メータと小澤征爾の暗譜力には定評がある。
 ロリン・マゼールも、飛び抜けた記憶力の持ち主だった。
 マゼールに関しては、ひとつ苦い思い出がある。
 1985年のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを聴きに行き、アンコールのときに私が客席から撮った写真をマエストロが熱望したのに、当時はデジカメではなかったため、フィルムを紛失してしまい、見つからなかったのである。
 その後、インタビューで会うたびに写真のことを聞かれ、とうとう私はマゼールのインタビューを断らざるを得なくなった。
 マゼールが亡くなったときは、本当に心から「ごめんなさい」と謝罪したものだ。あんなに写真を欲しがっていたのに、ついに渡すことができなかったのだから…。
 彼は、プロのカメラマンが撮った写真ではなく、私が撮った写真を見たがった。
「プロのカメラマンの写真は、たくさんもっているよ。もちろん、ニューイヤー・コンサートの写真だって、山ほど見ているさ。でもね、きみがわざわざ日本から聴きにきてくれ、しかもアンコールのときを待って一瞬で撮ったという、その写真は、私にとってはとても価値のあるものなんだよ。あの時期は、もうウィーン・フィルとの関係が微妙な状態で、精神的にはとても複雑な思いを抱いて指揮台に立った。そんな特別なコンサートなんだ。それを聴きにきてくれたんだろう。絶対に、フィルムを見つけてほしいんだよ」
 何度もこういわれたのに、私の整理が悪くて、マゼールの生前にはフィルムは見つからなかった。
 ところが、出てきたのである。
「キャーっ、こんなところに紛れていたんだ」
 私はその写真を見つけ、マゼールのお墓に捧げたいと思ったほどである。
「マエストロ、本当にごめんなさい。いまごろ見つかったんです。遅すぎましたね。でも、あったんですよ、写真が。マエストロがヴァイオリンを弾きながら、アンコールを演奏している写真が。ああ、そのときの演奏を思い出しました。一緒に思い出して、写真を見たかったのに、返す返すも残念。写真を見ながら、当時の思い出を聞きたかったのに…。いつの日か、この写真を携えて、お墓参りに行きますからね」
 私はこう心のなかで話しかけた。
 この写真にまつわる記事は、2012年12月11日のブログに綴っている。興味のある方は、寄ってみてくださいな。
 今日の写真は、ようやく見つかったその貴重な写真。ただし、客席から撮っているので、アングルもピンもそんなによくない。でも、この1枚は、私にとって、マゼールとの大切な思い出につながる。
 ああ、それにしても遅すぎた…。

| 巨匠たちの素顔 | 22:11 | - | -
ベルリン・フィル
 いま、ベルリン・フィルが来日している(5月11日〜15日、サントリーホール)。
 今日は、2日目の公演を聴きに出かけた。
 今回のプログラムはオール・ベートーヴェン。交響曲全9曲を5夜連続で演奏するという、画期的な内容である。
 今日は前半が「レオノーレ」序曲第1番と交響曲第2番、後半が交響曲第5番「運命」である。
 サイモン・ラトルは、2013年、ベルリン・フィル首席指揮者を2018年契約満了にて退任することを発表した。2017年9月からはロンドン交響楽団の音楽監督に就任する予定になっている。
 ラトル&ベルリン・フィルのベートーヴェンは、すでに交響曲全集がリリースされているが、ツィクルスも昨秋からパリ、ウィーン、ニューヨークで行われ、いよいよ東京が最終地となる。
 今夜の「運命」は、息詰まるような熱気に包まれた演奏だった。ラトルのベートーヴェンに対する敬愛の念が全編に宿り、長年に渡る楽譜の研究の成果が表れ、説得力のある斬新で前向きな「運命」となった。
 ラトルはプログラムのなかのインタビューで、ベーレンライター版を使用していること、ベートーヴェンのテンポに関して、曲による楽員数の違い、教育プログラムのこと、新イースター音楽祭の創設、新たな取り組みとして注目されているデジタル・コンサートホールに関してなど、多岐に渡る話をしている。
 2011年の11月15日の「インタビュー・アーカイヴ」に以前ラトルに行ったインタビューを掲載しているので、興味のある人は見てくださいね。
 今日の写真は、ベルリン・フィルのプログラムの一部。コンサートから戻ってたまっていた仕事をすべて片付け、メールの返事を次々に送り、原稿の校正を見ていたら、あっというまに時間が過ぎてしまった。
 明日はフルートのエマニュエル・パユにインタビューすることになっている。またその様子をお伝えしま〜す。


 
| 巨匠たちの素顔 | 23:42 | - | -
ヘルベルト・フォン・カラヤン
 もうすぐ、「家庭画報」700号記念の6月号が発売される。
 今回は、サントリーホールの30周年の特集記事と、「祝祭」のベスト・オブ・クラシックの付録CDの選曲と解説を担当した。
 サントリーホールは、ヘルベルト・フォン・カラヤンと深いつながりがある。
 取材のときに、私が昔、レコード会社に勤務していたころに「カラヤンの直筆サインをもらったことがある」と話したところ、「家庭画報」の編集者のSさんがとても興味を示してくれ、「ぜひ、それを誌面で紹介したい」と頼まれた。
 しかし、大昔のことゆえ、資料の整理が下手な私は、どこにサインが紛れ込んでいるのか皆目見当がつかない。
 それでも特集号の役に立つのならと、半日かけてあちこち探し、ようやく見つけた。
 実は、色紙に書いてもらったとばかり思い込み、厚い紙を探していたのだが、見つけてみると、ごく薄いレコードのジャケット大の用紙に書かれていた。
「ああ、そうだった。仕事の書類を抱えていたときに、マエストロがヒョイとその紙を1枚抜いて書いてくれたんだっけ」
 大昔の様子がまざまざと思い出された。
 まだ若かった私は、レコード会社に入ったばかりの若輩の身。新譜の即売のためにカラヤンのサインをもらわなくてはならず、何枚も色紙をもってマエストロにくっついて歩いていた。
 すべての仕事が終わり、深々とおじぎをしてカラヤンの前から立ち去ろうとしたとき、「きみもサイン要る?」といって、私が抱えていた紙の束からスイッと1枚抜いてさらさらと書いてくれたのである。
 私は仕事ゆえ、あまりサインには興味がなかったが、それでも会社に戻って上司や先輩に「これ、いただきました」と報告すると、みんなが「ええっ、ぼくたちももらったことないよ」と驚かれた。
 それ以来、資料の奥にしまってあったのだが、いまやすっかり忘れていた。
 今回、「家庭画報」のサントリーホールの仕事がなければ、思い出すこともなかっただろう。
 こうして見つけてみると、本当に貴重な宝物だということがわかった。
 額縁に入れて飾っておかないと、カラヤンに怒られてしまうな(笑)。 
 今日の写真は、その直筆サイン。長年、奥にしまってあったため、紙が変色している。やっぱり怒られるな…。


| 巨匠たちの素顔 | 21:24 | - | -
マウリツィオ・ポリーニ×ステージマネージャー
 先日、サントリーホールでポリーニの演奏を聴きながら、あるエピソードを思い出した。
 ステージマネージャーというのは、バックステージのすべてを把握する仕事で、ホール内の空調から照明、楽屋のアーティストの様子、リハーサルの立ち合い、オーケストラの配置や楽器に関することまで、ありとあらゆることに気を配らなくてはならない。
 サントリーホールには、Iさんという、15年間このホールの仕事に携わるベテランのステージマネージャーがいるのだが、彼に取材したとき、ポリーニの話が出た。
 クラシックのアーティストは繊細な神経の持ち主で気難しい人が多く、完璧主義ゆえ、リハーサルのときからとても気を遣うそうだが、ポリーニはステージ上のピアノの位置をこまかくチェックするのだという。
 端から何センチとか、現代作品を弾くときはピアノを前方に置くとか、とてもこまかい指示が出るそうだ。
 そこで、Iさんは一計を案じ、ノートにこまかく楽器の位置を書き込み、次の来日のときには「前回はこうでしたよ」とノートを提示した。
 するとポリーニは、そこまで考えてくれたかと安心して、それ以上はいわなかったそうだ。
 さらに、ポリーニは楽屋で完全に精神を集中させてステージに歩みを進めるため、Iさんは、コツコツと足音が聞こえてきたのを見計らい、絶妙のタイミングでステージへのドアをさっと開けるのだという。
 もうその時点で、ポリーニの目は完璧に演奏モードに入っているからだ。
 こうしたアーティストのその日の調子をすべて呑み込み、あらゆるケアをするステージマネージャーの仕事は、さぞ神経が疲れるに違いない。
 しかし、Iさんは切り替えが早く、終わったことはすぐに忘れ、翌日へと気持ちを向けるのがストレスをためないコツとか。
 アーティストを陰で支えるステージマネージャー、通称「ステマネ」の仕事は、取材をして初めて詳細を理解することができた。
 ひとつの演奏会というのは、実に多くの人の力で成り立っている。その一端を垣間見る思いにとらわれた。
| 巨匠たちの素顔 | 22:42 | - | -
ルネ・マルタン&リヒテル
 よくインタビューをするアーティストが、自分が師事したり共演した偉大な音楽家の話をしてくれることがある。
 もうその巨匠たちは亡くなっているため、実際にその人と交流のあった人から聞く話はとても貴重である。
 雑誌や新聞のインタビューは文字数に限りがあり、そのときのコンサートや録音などについて書くため、巨匠たちのエピソードなどを綴るスペースはほとんどない。
 だが、私はこうした余談や取材こぼれ話が大好きなのである。
 そこで、ブログにひとつ「巨匠たちの素顔」というカテゴリーを追加し、インタビューで得た話を書くことにした。
 第1回は、昨日インタビューした「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」のアーティスティック・ディレクター、ルネ・マルタンの登場だ。
 彼は1995年にフランスのナントに「ラ・フォル・ジュルネ」を創設したことで知られるが、それ以前の1981年にはフランスの小村に「ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭」を創設した。
 1988年にはスヴャトスラフ・リヒテルにより、フランスのトゥール近郊のメレ農場で開催された「トゥーレーヌ音楽祭」を任されるようになり、リヒテルの音楽祭「12月の夕べ」(モスクワ・プーシキン美術館)も手がけた。
 昨日のインタビューは、5月に開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」についてテーマや内容、アーティストなどについて聞き、その記事は「日経新聞」3月と4月の最終木曜日の夕刊に2カ月にわたって書くことになっている。
 そのなかで、私がリヒテルとの交流について聞くと、マルタンは「リヒテルは私のメンターともいうべき存在です」と明言し、その話に花が咲いた。
 リヒテルのために数多くのコンサートを企画し、ともに各地でさまざまな体験をしたという。
 もっとも印象的だったのが、ふたりで画家アンリ・マティスの礼拝堂を訪ねたときの話である。
 マティスは、晩年ニースの奥に位置するヴァンスという小さな村に住み、元看護師だったシスター、ジャック・マリーからの依頼でロザリオ礼拝堂の再建に尽力する。
 彼女は、マティスがガンに苦しんでいたときに献身的に介護してくれたため、マティスは4年間かけて礼拝堂の設計から内外装、聖職者の祭服までデザインし、1954年に完成を見た。
 このロザリオ礼拝堂には、マティスが全生涯の総仕上げを意味するさまざまな壁画やステンドグラスなどがあり、空・植物・光という3つのテーマに基づく青・緑・黄色が使われている。
 リヒテルはその近くの新しい礼拝堂の方で演奏したそうだが、ロザリオ礼拝堂に出向き、ステンドグラスを通して内部に射し込んでくる太陽光の変化を1時間ほどずっと椅子にすわって眺めていたという。
「何も語らず、身動きもせず、ただじっと光のうつろうさまを眺めていました」
 マルタンはこう述懐する。
 私はこの話を聞き、ロザリオ礼拝堂の光に無性に会いにいきたくなった。リヒテルの音楽は、まさにその静謐で無垢で純粋な礼拝堂の空気に似ていると思うからである。
 もうひとつ、マルタンはこんなエピソードも紹介してくれた。
 あるとき、リヒテルを含めた4人で、ウィーンの結構大きなレストランにいったときのこと。花売りの女性が、腕に抱えきれないほどのばらをもってレストランに入ってきた。
 リヒテルはそれを見て、「ばらはそれだけなの?」と聞いた。
「いいえ、私の主人がまだ外にいて、これと同じくらいもっています」
 ほどなく、その男性もばらを抱えて入ってきた。
 リヒテルはいった。
「そのばらを全部、今夜このレストランにいる人たちに渡してくれないかなあ」
 お客さんたちは、「リヒテルからばらをもらった」と大喜びした。
 翌日、そのレストランにまた食事にいくことになった。
 リヒテルがドアを開けると、レストランの従業員たちが一斉に叫んだ。
「ああ、《ばらの騎士》がきてくれた!」
 マルタンはこの話をしながら、「さすが、ウィーンでしょう。《ばらの騎士》を出すとはねえ。リヒテルのうれしそうな顔が忘れられません」と、遠くに視線を泳がせた。
 マルタンの話は留まるところを知らない。リヒテルは、いつもシンプルで素朴で上質なお料理を好んだという。そして、けっして値段が高いところにはいかず、居心地のいい、ゆったりと食事のできる静かなところが好みだったそうだ。「そのため、私はいつもその土地のおいしいレストランを探し回ったものです」
 マルタンはこういって、「すごく大変だったけど、ほかならぬリヒテルのためですからね」と笑った。
 今日の写真は、インタビュー中のルネ・マルタン。
 彼は「リヒテルからは、本当に多くのことを教えてもらいました。ロック・ダンテロンの方には参加してもらうことができましたが、ひとつ心残りなのは《ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン》で弾いてもらうことができなかったこと」と、残念そうな表情で話す。
「自分がいまこうして音楽の仕事ができるのは、ひとえにリヒテルのおかげです。私の精神的な支えですから」と、感慨深そうに語った。 


 
| 巨匠たちの素顔 | 22:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE