Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ティータイム
 毎日、朝から晩まで原稿を書き続けていると、目はショボショボしてくるし、肩は凝るし、背中や腰は痛くなるし、ろくなことはない。
 こういうときは、大好きな紅茶を飲んで心身をリラックスさせるのが一番。
 先日、友人のKさんがウィーンとベルリンに音楽を聴きにいき、そのお土産においしい紅茶を買ってきてくれた。
 なんと、いままで飲んだことのない、ウィーンのホテル・ザッハーの紅茶である。キャーっ、うれしい!!
 缶を見ると、ダージリンにほんの少々アールグレイとジャスミンの花を混ぜていると書いてある。
 うーん、上品な香りと味わい。ダージリンのコクのある味は消さずに、アールグレイとジャスミンの芳香がほんのり。
 ああ、すばらしいひとときを過ごすことができた。Kさん、ありがとう。また、コンサートの話をゆっくり聞かせてくださいね。
 紅茶は、本当に奥が深い。私は一時期ティーソムリエや紅茶コーディネーターの資格を取得する講座に通おうかと、本気で考えたことがあった。
 でも、かなり長期にわたって勉強しなくては資格は取れないとわかり、断念した。そりゃ、そうだよね。なんでも簡単にいくわけがない。
 いまはもっぱらいろんな種類の茶葉を探し、飲むほうに徹している。
 もっとも好きなのは、ダージリンやアッサムやニルギリなどの王道をいく茶葉。お取り寄せで、インドやスリランカの四季のファーストフラッシュやセカンドフラッシュを楽しんでいる。
 今日の写真はホテル・ザッハーのおしゃれな紅茶缶。この缶は詰め替え用にとっておいて、ずっと使わせてもらおうっと。飲みながら、ウィーンにいった気分になれるし(笑)。


 
| 美味なるダイアリー | 21:47 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2012 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE