Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ゆり根ごはん梅風味
 以前いただいた京都のゆり根は、さまざまなお料理で楽しんだが、そのひとつが「ゆり根ごはん梅風味」。
 ゆり根を炊きこんだあっさり味のごはんで、カリカリの小梅を添えて風味をプラスしてみた。
 まず、米2合は炊く30分前にといで分量の水に浸しておく。ゆり根大2個は洗って1枚ずつはがし、大きいものは半分に切る。これでだいたい4人前だ。
 炊飯器に米と調味料(酒大さじ1、みりん大さじ1、塩小さじ2分の1、しょうゆ小さじ1)を入れてゆり根を上に乗せてふつうに炊く。
 炊きあがったらゆり根を上のほうに見せるようにお茶碗によそい、小梅の荒みじん切りを散らし、最後に大葉少々の千切りをトッピングして出来上がり。
 ねっとりとした特有の味わいをもつゆり根と、梅の風味がマッチし、とても滋味豊かなごはんになる。
 お酒を飲み過ぎたお正月には、最後にこんなあっさりしたごはんが胃を休めてくれるかも。
 今日の写真はその炊き込みごはん。ゆり根の白と、梅の赤と、大葉の緑が一緒になり、なんだかイタリア国旗のようになった。
 イタリアのアーティストも、最近は和食通が結構多い。今度、だれかイタリア人に取材する機会があったら、このレシピを伝授しようかな(笑)。


 
| 美味なるダイアリー | 16:15 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2012 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE