Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

一年の計は元旦にあり
 昨日は、新住所の管轄内である神社に初詣にいった。
 午後一番でいったつもりだが、すでに境内はたくさんの人であふれ、みんな静かにお参りの順番を待っていた。
 この神社は初めて訪れたが、古木が多く、落ち着いた雰囲気。これからお祭りを見にきたり、さまざまな行事に参加したいという気持ちを起こさせた。
「一年の計は元旦にあり」という。今年の私の計は、常に、どんな状況にあっても、「いま自分にできる最高のことをする」こと。
 これをモットーに、前向きに走り続けたいと思っている。
 しかし、これはいうのは簡単だが、実践するのは難しい。いろんな壁がそのつど前に立ちはだかるからである。
 でも、目標を立てるのはいいことだもんね。とにかく、自分にできることを精一杯やるしかない。
 以前、私の応援しているテニスのロジャー・フェデラーがインタビューに答えて、こんなことをいっていた。
「ぼくは若いころ、大切なコーチを飛行機事故で失った。そのときは立ち直れないと思うほど大きなショックを受けたけど、やがてこう考えるようになった。人生には限りがある、やるべきことをやらなくては、と。そう思ったことで、ぼくの目標が定まり、暗いトンネルから這い出ることができた。いまは恩師の死を無駄にせず、やるべきことに向かって進んでいるよ」
 このことばは、常に私を奮い立たせてくれる。まだナンバーワンになる前の若いロジャーが語っていたことばだが、とても心に響いた。
 さて、今日の写真は初詣に訪れた神社。あまり大きくないため、とても親密な感じを受ける。これからたびたび訪れることになりそうだ。




 
 
 
| 日々つづれ織り | 20:53 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2014 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE