Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

小林研一郎
 コバケンの愛称で親しまれている指揮者の小林研一郎は、熱血漢である。ただし、それは演奏上のことであり、インタビューではじっくりとことばを選び、静かにゆっくりと語る。
 そのコバケンが2015年の幕開け、1月3日に東京文化会館大ホールの「ニューイヤーコンサート2015」に登場し、東京都交響楽団を振ることになった。ソリストは、ヴァイオリニストの木嶋真優。
 プログラムはJ.シュトラウス兇痢屮錺襯帖埆佞寮次奸廖▲皀鵐謄の「チャルダッシュ」、マスネの「タイスの瞑想曲」、サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」、そしてドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」だ。
 先日はコバケンにこのコンサートについて話を聞いたが、いつもながらの内に秘めた熱い思いをじっくりと話してくれた。
 このインタビューは、東京文化会館の公演情報誌「音脈 ONMYAKU」に書くことになっている。
 新春ならではの作品が組まれたこのコンサート。コバケンは聴衆が新たな年を迎えて楽しく耳を傾けることができ、明るい気持ちになれるよう、選曲に心を砕いたようだ。
 コバケンに会うと、いつもいろんな話題が飛び出してきて、つい仕事を忘れて話し込んでしまう。
 今回も、アフリカを旅したこと、若いころの思い出、ハンガリー時代のこと、ドヴォルザークの作品にまつわるとなど、さまざまなことに話が広がり、あっというまに時間が過ぎてしまった。
 コバケンと話していると、自然にエネルギーが湧いてくる。もちろん、演奏は活力と躍動感がみなぎり、聴き手を元気にしてくれるものだが、話をしていても、けっして声高に話すわけではないのに、静かなる情熱が伝わってくる。そこには、不思議な空気が流れる。
 これはいったいどうしてだろうか。
 以前、彼がオランダのアーネム・フィルとの初録音のさい、現地に取材に出かけたが、そのときも同様の空気を感じた。きっと、ひたむきに音楽と対峙し、飾らず、気負わず、自然体で演奏に入り込んでいく姿勢がそう感じさせるのだろうう。もちろん、話をしているときも、一瞬たりとも集中力が途切れず、私はその集中力にあやかりたいと、自分も耳をそばだてる。
 新春のコンサートは、きっとコバケンの音楽に対する情熱が会場を見たし、聴き手もみな心温まる思いになるに違いない。
 今日の写真は、インタビュー後のマエストロ。決められた時間が過ぎても、「まだ、もう少し時間があるから大丈夫ですよ」と、いろんな話をしてくれた。




 
 
| 親しき友との語らい | 23:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2014 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE