Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

鈴木大介&近藤嘉宏
 久しぶりに、楽しいインタビューとなった。
 今日は、ギターの鈴木大介とピアノの近藤嘉宏のふたりが初めてのデュオ・リサイタルを行うというので、それに関したことを聞くため、インタビューを行った。
 これは10月17日にJTアートホールアフィニスで開催されるデュオで、ふたりは10年以上の長きにわたる親友同士だが、本格的なリサイタルでの共演は初めて。
「ふたりで飲んでばかりいて、一緒に演奏しようという話は出なかったんですよね」
「ようやくふたりともこれまでのこと、これからのことを考える年齢になった。いまだからこそできるという感じ」
 私はこれまでひとりずつにはインタビューをしたり、演奏を聴いたり、ライナーを書いたりしてきたが、ふたり一緒に会うのは初めて。
 ふたりはずいぶん性格が違い、話す内容もまったく異なる。だが、不思議に波長が合っている。
 音楽家同士というのは、なかなか心を割って話すというのは難しいと思うが、彼らは何時間も飲みながら話しているというだけあって、本当にウマが合いそうだ。
 このインタビューは次号の「音楽の友」に掲載される予定である。各作品に関しての詳細も綴りたいと思っている。
 プログラムは日本の作曲家の作品がほとんどで、各々のソロも含まれている。委嘱作品が多く、これからもいろんな作曲家に書いてもらい、それを世界に向けて発信していきたいと意欲を示す。
 ギターとピアノ、このあまり聴くことができない組み合わせを息の合ったふたりの演奏で聴く。きっと新たな発見がある一夜になるに違いない。
 今日の写真は「肩を組んでくれる」と頼んだら、さっとポーズをとってくれた1枚。近藤嘉宏がにこやかな笑みを見せているのだが、鈴木大介は「ちょっと笑いすぎだよ〜」とひとこと。このギャップがまたおもしろい。
 いいなあ、こういうキャラクターの違う人と親友になれるのは…。自然体のふたりの絶妙のトーク、お互いをじゃましない話し方を聞いていて、なんだかうらやましくなった。これがすべて演奏に現れるんだろうな。


| 親しき友との語らい | 22:18 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< August 2014 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE