Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

マエストロ!
 先日、映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」の字幕監修ほかを担当し、映画の仕事に本格的にかかわる経験をしたばかりだが、今度は「マエストロ!」という映画に関して書くことになった。
 試写を見て、次号の「intoxicate」に原稿を寄せる仕事である。
 この映画は、さそうあきらの漫画アクション「マエストロ」原作、小林聖太郎監督、奥寺佐渡子脚本によるもので、不況で解散を余儀なくされた元名門オーケストラの楽員たちと、若手コンサートマスターの香坂、アマチュアフルート奏者のあまねたちが、謎の指揮者・天道に導かれて音楽性と人間性が次第に変わっていくというヒューマンドラマ。最後は感動的な演奏シーンが盛り込まれ、クラシックのすばらしさに改めて目覚めることになる。
 香坂には松坂桃李、天道には西田敏行が扮し、彼らはヴァイオリンと指揮を習得、見事な演奏シーンの演技を見せている。
 さらにアマチュアのフルート奏者としてシンガーソングライターのmiwaが登場、映画初出演を果たしている。
 ストーリーは、オーケストラ解散後、再就職もできず、「負け組」といわれるオーケストラの楽員たちが、謎の指揮者・天道の呼びかけで集まり、わけのわからないままコンサートに向けてリハーサルを続けていくというもの。オーケストラのメンバーひとりひとりの人間模様が描かれ、ときに衝突し、またあるときは支え合い、「自分には音楽しかない」という気持ちを固めていく様子がさまざまなエピソードを含めながら展開していく。
 天道には人にいえない秘密があり、それが最後に明かされる。
 演奏される作品は、ベートーヴェンの「運命」とシューベルトの「未完成」という2大交響曲。最初はまったく合わずにばらばらな演奏が、天道の破天荒な指揮により次第に融合していき、最後はコンサートシーンでクライマックスを築く。
「マエストロ!」は、2015年1月31日公開予定。演技派俳優たちが実際のオーケストラの楽員たちに混じって演奏シーンを盛り上げ、自然な奏法を見せる。さすが、役者である。
 指揮の指導などは佐渡裕が担当し、エンディングテーマは辻井伸行が演奏している。ひとりでも多くの人が、クラシックのすばらしさに目覚めてくれたらいいな、と映画を見ながら思った。
 今日の写真はそのチラシ。オーケストラはひとりひとりの個性あふれる人間の集まりなのだということを、改めて思い知らされる。

| 情報・特急便 | 22:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE