Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

マグロのすき身
 いつもおまけをしてくれたり、余分にいろいろ入れてくれる魚屋さんに久しぶりに顔を出した。
 アサリや生鮭を選んでいたら、新鮮なイカを見つけてしまった。
「これ、フライ用にさばいてもらえますか」
 こう聞くと、いつもきれいに処理してくれるお店の人が、頭を横に振った。
「あのねえ、これは刺身用のイカなんだよ。火を通しちゃもったいない。刺身にしてあげるよ」
 というわけで、あっというまにおいしそうなお刺身が出来上がった。
 いつもこのお店にいくと、大将と板さんの名コンビと話が弾む。ただし、以前も書いたように、大将はあまり余計なことはいわない。板さんが話好きで、私とあれこれ話し、いろんな魚の知識を植え付けてくれる。
「ねえ、これもっていく? スプーンですくと、うまいすき身ができるから、やってみな。イカの刺身と一緒に盛り付けてもいいし」
 こういって、マグロの皮についたすき身用の物を入れてくれた。
 家に帰って見てみると、これがとても上等な代物。早速、いわれた通りにすき身にしてみた。う〜ん、絶品だワ。もらっちゃっていいのかな(笑)。
 本当に、こういう魚屋さんが近くにあると、すごく食生活が充実する。お鍋用のお魚を買いにいくと、鮭の大きな尻尾に身がたっぷり付いた物をさりげなく入れてくれたりする。いいだしが出るからと。
 今日の写真は、マグロのすき身用の部分。すき身を取る前は、こういうふうになっているんだと初めて知った。

| 美味なるダイアリー | 22:21 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2015 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE