Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ケマル・ゲキチ
 クロアチア出身で、現在はアメリカ在住のピアニスト、ケマル・ゲキチとは長年にわたって交流を深めている。
 彼は現在フロリダに居を構え、フロリダ国際大学の教授を務め、武蔵野音楽大学の音楽学部の教員としても後進の指導にあたっている。
 この夏は、約1カ月ほど日本に滞在し、各地でコンサートやマスタークラスなどを行い、多忙な日々を過ごしていた。
 もう今週の日曜日には帰国するため、今日はレコード会社のFさんと3人で和食を食べにいった。
 ゲキチはショパンやリストなどのロマン派の作品を得意としているが、最近はドイツ各地でリストとJ.S.バッハの作品を組んだプログラムでリサイタルをしているそうで、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」を取り上げる機会が増えているという。
 すでに何度も来日し、かなり長期間にわたって滞在しているためか、和食に非常に詳しく、何でも口にする。ただし、最初のころはお刺身やお寿司など、ナマのお魚はまったくダメだったそうだ。それがいまではかなり舌が肥えている。
 今日は3人がそれぞれの近況を報告しあい、仕事の状況や今後の予定なども話題にのぼった。何でも気楽に話せるところが、長年のつきあいゆえだろうか。
 彼は「もったいない」という日本語を知っていて、ちょっとだれかが何かを残すと、「もったいない」を連発。私は、ごはん粒をひと粒残らず食べるはめになった。冷酒も最後の一滴まで飲まされたし(笑)。
 今日の写真は食事をしながら、いろんな話に花を咲かせているケマル。私はいつも一発撮りなのだが、よく人に写真をほめられる。
「Yoshiko、きみ、すっごく写真うまいねえ。職業まちがったんじゃない」
 ケマルにもこういわれた。
 ご本人が気に入ったという写真、いかがでしょうか。

 
 
 
| 親しき友との語らい | 23:35 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE