Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

秋の味覚
 北海道に実家があるという知人から、おいしそうなとうもろこしをいただいた。
 身がぎっしり詰まっていて、色も見事な黄金色、サイズも大きくて食べ応えがありそうだ。
 早速、蒸し器でゆっくり蒸して、ガブリとかじりついた。
 ああ、あま〜い。かめばかむほど甘みが口いっぱいに広がり、これまで食欲のなかったからだにじんわりと染み込んでいく。
 あっというまに1本をたいらげ、大満足。さすが、北海道。
 これは、横にザクッと輪切りにして、バターでさっと炒め、最後におしょうゆをタラリとかけると、すこぶる美味なおつまみができ上がる。こういう肉厚なとうもろこしだからこそできる、シンプルで、いくらでも食べられる、クセになるほどのおいしいおつまみだ。好きな人は、ほんの少しにんにくを隠し味にしてもいい。
 今日の写真は、いただいた立派なとうもろこし。最近のとうもろこしは、なんだか薄い味で、歯ごたえのないものが多いけど、これは違う。久しぶりに「本場の味」を食した気分である。


 
| 美味なるダイアリー | 22:13 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE