Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ボリショイ・バビロン
 2013年1月17日にモスクワのボリショイ・バレエ団で起こった事件は、世界を震撼させた。
 バレエ団の元スターダンサーで芸術監督のセルゲイ・フィーリンが、覆面をした男に襲われ、顔面に硫酸を浴びせられたのである。
 このニュースはまたたくまに世界中に広がり、ロシアが誇るボリショイ・バレエ団のさまざまな秘密や陰謀、嫉妬などが明るみになっていく。
 フィーリンは医師団の懸命な治療により回復するが、片目は失明という悲劇に見舞われることになる。
 そんな舞台裏をリアルに描き出すのが、イギリス人のニック・リード監督・撮影による映画「ボリショイ・バビロン」。彼と信頼できる仲間であるマーク・フランチェッティが製作・共同監督を務めている。
 これはドキュメンタリーで、ボリショイ・バレエのすばらしいバレエがふんだんに盛り込まれ、その合間にダンサーや劇場関係の人々の話が次々に挟み込まれていく手法。
 国の宝ともいうべきボリショイ・バレエの秘密の扉が徐々に開かれていく感じで、ここまで率直に語っていいのだろうか、とひやひやしてしまうほどだ。
 事件後にボリショイ劇場の新たな総裁に任命されたウラジーミル・ウーリンは、「新たな体制は、外部から見えやすい組織作り」という考えの持ち主。ウーリンが承諾してくれたため、劇場の内部まで撮影が可能になったようだ。
 結局、嫉妬などの感情により、犯行に及んだダンサーのパーヴェル・ドミトリチェンコが実行犯、運転手とともに逮捕され、フィーリンは再びバレエ芸術監督の座に復帰するが、ウーリンとは必ずしもうまくいくわけではない。
 今後、ロシアの威信を背負ったボリショイ・バレエは、どのような形で再び信頼と誇りを取り戻し、歴史と伝統を担っていくのか。
 映画は、明確な結論は出さず、見る側にそれを考えるよう仕向けている。
 チャイコフスキーの「白鳥の湖」をはじめ、バレエの名場面が多数登場し、きびしいレッスンも映し出される。そしてダンサーが、いかに身を削って踊りに命を賭けているかということもわかる。
 今日の写真は、映画のパンフレットの表紙。9月19日(土)よりBunkamuraル・シネマでロードショー。



| 情報・特急便 | 21:43 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2015 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE