Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ルノー・カピュソン
 ブルッフのヴァイオリン協奏曲は、ルノー・カピュソンが2015年5月にパリに新しくできたホール、フィルハーモニー・ド・パリで録音した新譜がリリースされている(ワーナー)。このライナーを担当したため、録音にはじっくり耳を傾けていたが、今日はレナード・スラットキン指揮フランス国立リヨン管弦楽団との共演により、ライヴを聴くことができた。
 ブルッフのヴァイオリン協奏曲は、カピュソンの美質が遺憾なく発揮されるコンチェルトである。技巧的なレチタティーヴォ、旋律美、重音奏法などが自然に表現され、極限まで感情を抑制しながらも作品への敬愛の念があふれ、音楽が濃密なものとなっている。
 ルノー・カピュソンは「特別な音」をもっているヴァイオリニストである。流麗で透明感のある情感豊かな美音は、即座にカピュソンの音とわかる強い個性に彩られている。
 2015年6月7日にはNHK交響楽団の定期公演に出演し、ラロの「スペイン交響曲」を演奏した。指揮は、近年注目を浴びているフランスのステファヌ・ドゥネーヴ。この作品は演奏される機会に恵まれているとはいえないが、5楽章構成の聴きごたえのある作品。スペイン色濃厚で、ハバネラやボレロのリズムが随所に顔をのぞかせ、甘美で民族色あふれる旋律が全編を覆っている。
 カピュソンは冒頭からオーケストラと完全に融合する妙技を披露し、躍動するリズム、豊かな歌心を備えた主題などを美しく自然に弾き進めた。その演奏からはスペインの歌が聴こえ、乾いた空気がただよい、聴き手を異国の地へといざなった。
 使用楽器は1737年製グァルネリ・デル・ジェス。50年間アイザック・スターンが使っていた楽器だが、すでに10年ほど使用しているため、カピュソンの音になってきたようだ。
 今日は、まさに楽器の特質を存分に生かした美しく濃密な響きを発揮、ブルッフのロマン的で情熱的な曲想をたっぷりと披露した。
 アンコールは「タイスの瞑想曲」。オーケストラをバックにこの名曲を官能的な音色でじっくりと聴かせた。
 今日のプログラムのメインは、ムソルグスキーの「展覧会の絵」。スラットキンがラヴェル編曲版に少し手を加えた版で演奏し、緊密で劇的で壮大な絵巻物のような演奏を繰り広げた。
 アンコールはオッフェンバックの「ホフマンの舟歌」と、スラットキンの「ツイスト・カンカン」。フランスのオーケストラ特有の色彩感とかろやかなリズムを遺憾なく発揮した。
 ところが、楽屋でカピュソンのにこやかな表情の写真を撮ったのに、スマホがトラブルを起こし、写真に縦線のようなものが入ってしまった。
 もう、大ショック…。明日、修理にいこうと思っているけど、機械というのは突然こういうことになるから、困る。せっかくいい写真が撮れて、ルノーも「うん、いいねえ」といってくれたのに、残念無念。
 というわけで、今日は写真はありません(涙)。
| クラシックを愛す | 23:19 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE