Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ベートーヴェンの講座
 今週の末、長野市芸術館でベートーヴェンの講座を受け持つ。
 HPの「選抜情報倶楽部」でも紹介しているナガノ・チェンバー・オーケストラ(NCO)第1回演奏会の後に行われる「音楽の分かる大人になろう」と題した講座で、講師は柴田克彦さん(音楽ライター)と加藤昌則さん(作曲家・ピアニスト)と私の3人。
 15日(金)夜、現地で講座の打ち合わせとリハーサルが行われ、翌日16日(土)の16時から久石譲指揮によるベートーヴェンの交響曲第1番他のコンサートがあり、その後、講座に移るという予定である。
 いま、その準備をしていて、私はベートーヴェンの人間像に触れるという面を受け持つ。以前、作曲家ゆかりの地を訪れたときのことを交えて話し、そのときに撮影してきた写真を10枚ほどホールのステージに映し出すという趣向である。
 実は、HPのカバーフォトもベートーヴェンの像と「田園」の構成を練った場所として知られる「ベートーヴェン・ガング(ベートーヴェンの散歩道)」を使用しているが、この散歩道の写真の一番右側には細い小川が流れている。
 ベートーヴェンが有名な「遺書」を書いたハイリゲンシュタットは、いまや高級住宅街となり、散歩道も小川もほんの少しだけ残されているにすぎない。
 ベートーヴェンの像はその小径のはずれ、ハイリゲンシュタット公園に建っている。
 ベートーヴェンはこの小径の散歩を日課としていて、大声を出してうたいながら歩く姿が見られたという。
 耳は聴こえなくても、あふれる楽想は尽きることなく、想像力と表現力により美しい交響曲第6番「田園」を書き上げた。
 そんなさまざまなことを講座では紹介したいと思う。
 今日の写真は、ベートーヴェンの散歩道。無機的な素材で作られたフェンスを外し、なんとか小川の流れを入れようと、苦心した1枚。もうこのごく近くまで住宅が迫っている。

| 日々つづれ織り | 00:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE