Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

プラシド・ドミンゴ
 先日、ロサンゼルスに出張した件が、ようやく情報解禁になった。
 実は、来春のドミンゴのコンサートのために、インタビューに行ったのである。コンサート情報は下記の通り。

 Citigroup Japan Presents
 プラシド・ドミンゴ&ルネ・フレミング 
 プレミアム コンサート イン ジャパン2017
 2017年3月13日(月)19:30開演 東京国際フォーラムホールA
 入場料金 SS席43,000円 S席38,000円 A席30,000円 B席21,000円 C席14,000円 D席7,000円
 発売日 2016年12月10日(土)午前10時〜
 ユージン・コーン指揮 東京フィル「プラシド・ドミンゴ」特別編成オーケストラ
 曲目は決定次第発表となる。
 予約・問い合わせ チケットスペース 03-3234-9999
 チケットスペースオンライン 検索

 ドミンゴにインタビューをしたのは、9月18日。前日、彼は総監督を務めるロサンゼルス・オペラでヴェルディ「マクベス」の初日の主役をうたい、その夜は午前2時までパーティに参加した。
 私のインタビューは18日のお昼から。「きっと無理だよねえ」と取材班はみんなで懸念していたが、なんと、午後1時半すぎには元気にインタビュー会場に現れた。
 それから撮影を含め4時間以上、ドミンゴは私たちの要求に応え、ずっと笑顔で対応してくれたのである。
 このインタビューの様子は来日公演プログラム、雑誌、新聞、情報誌、WEBなどに書く予定になっている。
 ドミンゴにはこれまで何度もインタビューを行い、各地の3大テノールの会場でも取材を続けたが、いつもどんな質問に対しても的確な答えを戻してくれる。
 今回は、ルネ・フレミングとの共演、震災後の日本公演のこと、テノールからバリトンに転向したこと、今後の抱負まで、さまざまなことを聞いた。
 今日の写真は、プログラムの表紙用にと、スーツからタキシードに着替えてもらった直後の表情。右側に撮影用の準備が行われているため、ちょっと切り取った形の写真となってしまった。
 でも、元気そうでしょ。ご本人も、いまとても声の調子がいいといっていた。
 ぜひ、日本でのリサイタル30周年、唯一無二の輝けるデュオを聴いてくださいな。
「いつも日本の聴衆の前でうたうのは大いなる喜び。会場には特別な空気が流れ、魔法の時間を共有できるから。ルネとの一夜限りのコンサートでも、特別な空気が流れると思うよ」といっていた。



| 情報・特急便 | 22:54 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE