Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

シドニー YUGA
 今回のシドニー出張では、最終日にシドニー交響楽団のメンバーから紹介されたカフェレストラン「YUGA」に出向いた。
 このお店はSt.Johns Road、Glebeにあり、市の中心からタクシーで20分ほどの静かな住宅街に位置している。
 カフェレストランの方はシチリア出身のご主人が、隣のお花屋さんは日本人のフローラルアーティストの奥さまが経営している。
 カフェはとても開放的で居心地がよく、ご主人自慢のエスプレッソも非常に美味だった。
 ここではブランチをいただいたのだが、れいによってお皿に卵料理や大きなパン、野菜が盛りだくさんで、おなかがいっぱいになった。
 お花屋さんの方も、日本ではなかなか見られない花が何種類も置かれ、お店に入った途端、芳香に包まれ、心身が癒される感じがした。
 このとき、ちょうど奥さまのお母さんがシドニーに訪ねてきていて、82歳だそうだが、まったく年齢を感じさせない元気さで、みんな驚きの声を隠せなかった。
「何を食べたら、そんなに若々しくいられるんですか?」
 みんなが聞いたところ、お母さんはひとこと。
「野菜よ。新鮮な野菜をたくさん食べるといいの。私は松本市でひとり暮らしをしているんだけど、自分で野菜を作って食べている。それを漬物にしたり、煮物にしたり、温かいサラダにしたりしてたくさん食べる。畑仕事は楽ではないけど、これが健康の秘訣ね」
 これを聞き、みんなで「う〜ん」とうなってしまった。
 ここのご主人も奥さまも、おふたりとも辻井伸行さんの大ファンで、「訪ねてきてくれて、ありがとう」と、感動のことばを何度も口にしていた。
「ランチだけでなくディナーまでずっといて。シチリア料理のおいしいのを作るから」といわれたが、私たちは夕方には空港に行かなくてはならなかったため、午後にはお店をあとにした。
 今日の写真は、風通しのいい、いかにも居心地のよさそうなカフェレストランと、お花屋さんの外観。







「日本やアメリカのエスプレッソはいかん。私は豆から挽き方から淹れ方まで、すべてシチリア流。これじゃなくちゃね」と、エスプレッソ論を延々と聞かされた(笑)。
 ご主人、ごちそうさまでした! クセになりそうな、濃厚な1杯でした。


 
| 麗しき旅の記憶 | 14:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE