Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ナタリー・シュトゥッツマン
 コントラルト歌手のナタリー・シュトゥッツマンは、近年オーケストラ指揮者としての活動が増えている。
 各地のオーケストラに客演してオペラからシンフォニーまで幅広く指揮、日本においても新日本フィル、水戸室内管、セイジ・オザワ松本フェスティバルなどから招かれている。
 シュトゥッツマンは、指揮をフィンランドの伝説的指導者ヨルマ・パヌラに師事し、小澤征爾とサイモン・ラトルからも指導を受けた。2009年には自身の室内オーケストラ、オルフェオ55をフランス、メスのアースナルに設立している。
 今日は、なんと22年ぶりに彼女にインタビューを行うことができた。
 以前の雑誌「フィガロ・ジャポン」の記事をもっていくと、「ウワーッ、なつかしい。お互い、若かったわねえ」と大笑いし、なごやかな雰囲気でインタビューは始まった。
 シュトゥッツマンは常に新たな分野を開拓し、シューベルトの「三大歌曲集」をうたい、指揮も本格的に行い、さらに次なる新譜では「イタリア古典歌曲集」をオルフェオ55と収録している(ワーナー)。ただし、このアルバムはまだリリースが最終的に決定しておらず、おそらく来年初頭になりそうだ。
「イタリア古典歌曲集」は、私も音大の1年生のときに副科の授業で習ったことがあるが、多くの人が教育用の歌曲だと思っている。シュトゥッツマンは、それを2年間研究し、世界中に資料を探しにいき、オリジナルのオーケストラ伴奏の楽譜を探したという。
 その経緯は、「intoxicate」と私のHP「音楽を語ろうよ」で詳しく紹介したいと思う。
 久しぶりのインタビューは、笑いを交えた楽しい時間となり、新譜の録音に関して、オーケストラの指揮について、子ども時代の歌とのつながり、両親のこと、シューベルトの作品について、ベートーヴェン、ブラームス、マーラー、ブルックナーなどが振れる喜びなど、多岐に渡った。
 とりわけ興味深かったのは、指揮をするときの服装について。動きやすいことはもちろんのこと、フランス人らしく、エレガンスをモットーとしているそうだ。ちなみに、彼女の指揮姿はすごくマニッシュで、動きも美しく素敵だ。
 今日の写真は、日焼けしたカッコいいシュトゥッツマン。
 趣味は自分で小型船を操縦して地中海に繰り出すこと。だれもいない静かなところにいって、思いっきり泳ぎ、ダイビングもする。その後は、おいしいワインと食事を楽しむ。
「人生、仕事ばかりではなく、少しは楽しまなくっちゃね」
 話を聞いているうちに、私の頭にはイタリア歌曲が鳴り響き、からだ中が地中海の風をまとっているような気分になった。
 帰りに、シュトゥッツマンは、「次は20年も間を置かずに、インタビューにきてね〜」と笑いながら送ってくれた。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。こんがりといい色に焼けています。


  
 
 
| アーティスト・クローズアップ | 21:42 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE