Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

ローレンツ・ナストゥリカ
 セルジュ・チェリビダッケのオーディションに受かり、1992年からチェリビダッケが亡くなる1996年までの4年間、ミュンヘン・フィルのコンサートマスターとして巨匠とともに演奏してきたローレンツ・ナストゥリカ。
 今日は、来日中のナストゥリカにインタビューを行い、チェリビダッケの思い出、その音楽性、巨匠の素顔、リハーサルの様子から、現在のミュンヘン・フィルの活動まで、さまざまな話を聞いた。
 ナストゥリカは体格が非常によく、陽気で大声でよくしゃべる。一度、興味のある話題に触れると、ずっと話していて、止まらなくなる。
 チェリビダッケをずっと敬愛し、彼の音楽と教えを守り続け、ミュンヘン・フィルの次世代のメンバーにも継承していきたいと、熱弁をふるった。
 チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルの録音は、彼が録音をあまり好まなかったったため、そう多くはないが、これから徐々に貴重な録音がリリースされる予定である(ワーナー)。
 チェリビダッケに関しては興味深い話がたくさん飛び出し、時間が足りないほどだった。
 もちろん、ナストゥリカ自身のキャリアや現在のオーケストラの様子も話題となり、いまのシェフ、ワレリー・ゲルギエフとの絆についても話に花が咲いた。
 このあと、音楽仲間と焼肉を食べにいくことになっているそうで、「早く食べたい、たくさん食べたい、ああ、待ち遠しい」と、途中からそればかり。
 いろんな話を聞いたからいいけど、1時間近くたったら、「これで、おしまい!」と自分からインタビューを切り上げ、「焼肉、焼肉」と明るく叫びながら、部屋をあとにした。
 ナストゥリカの話を聞いていると、いまのミュンヘン・フィルの演奏をすぐにでも聴きたくなる。それほど、このオーケストラの特質を自慢げに話してくれた。
 このインタビューは、「CDジャーナル」に書く予定になっている。数々の興味深い話が出たため、すべて書きたいが、さて、ページはどのくらい取れるだろうか…。
 今日の写真は、ブログ用の写真を撮ろうとしたら、さっと「CDジャーナル」を抱えてポーズ。サービス精神旺盛である。
 さすがに長年ミュンヘン・フィルのコンサートマスターを務めているだけあって、人を惹きつけ、場をなごませ、空気を変える力を有する。今後の録音が楽しみである。すごいシリーズが予定されているんですよ。


 
| アーティスト・クローズアップ | 23:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE