Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

マティアス・ゲルネ
[ヤマハWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」]2014年7月10日

[アーティストの本音トーク マティアス・ゲルネ ◆

 マティアス・ゲルネは、シューベルトの3大歌曲のなかでは、「美しき水車小屋の娘」をもっとも遅く勉強したという。
「私は3大歌曲のうち、《冬の旅》から勉強を始めました。そして《白鳥の歌》へと歩みを進めたのです。なぜ、私が《美しき水車小屋の娘》を最後に勉強したかというと、学生のころから数多くの録音を聴いてきたのがその理由です。それはペーター・シュライヤーであり、フリッツ・ヴンダーリヒであり、またディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのうたうものでした。それらはもちろん名盤と称されるものです。でも、私にとっては、何か違うなという感じがぬぐえなかった。それらをあまりにも聴き過ぎて、自分の解釈というか、切り口が見出せなくなってしまったのです。ですから、容易に取り組めない状態になってしまったわけです」
 ゲルネは、とても心情的に複雑だという表情をした。名盤を聴き過ぎたために、かえってシューベルトの名曲に近づけなくなってしまった。彼はその胸の内を、ことばを尽くして説明してくれたが、これはひとことでいい表すのはとても難しいことである。
「この歌曲集は3つのなかでもっともドラマティックな作品だと思います。これは極端といいかえた方がわかりやすいかも知れません。ドイツ語でいうと、ドラマティックは劇的なという意味合いと同時にはげしさ、究極的な、という意味も含まれます。実は、私は《美しき水車小屋の娘》の主人公の幼稚さに共鳴できなくなってしまったのです。ですから、自分の切り口というか、入口が見つけられなくなってしまったというのが正直な思いです」
 作品にそこまで強い思い入れがあり、自身の感情と向き合い、歌詞の内容を検証していく。そこにはゲルネのリート歌手としてのひたむきな気持ち、誇り、そして完璧主義者ならではの姿勢が見える。
「私は偉大な歌手に師事していますが、彼らとはシューベルトの3大歌曲は勉強していません。シュヴァルツコップともフィッシャー=ディースカウとも、一度もこれらの作品を学んでいないのです。なぜなら、これらのリートは自分で発見し、自分の世界を作り上げるものだと考えているからです」
 ゲルネのことばは確信に満ちていた。彼は演奏もそうだが、語り口にもいっさいの迷いが感じられない。率直でストレートで、明快である。その後、彼は「美しき水車小屋の娘」に取り組むようになり、今回のステージでも披露され、録音も行っている。
「私はシュヴァルツコップやフィッシャー=ディースカウからは、自分自身の感情を前面に押し出すのではなく、あくまでもテキストと楽譜に忠実に従うことの大切さを学びました。楽譜に対しての敬意ですね。その教えがいまでも私の基礎となっているのです」
 
 
| インタビュー・アーカイヴ | 11:41 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE