Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

加藤昌則
 昨年、長野市芸術館で一緒に講座の講師を担当した作曲家・ピアニストの加藤昌則が、待望のソロ・アルバムをリリースした。題して「ピアノ・カラーズ(PIANO COLOURS)」(エイベックス)。
 先日、このアルバムのことを聞くためにインタビューを行った。
 加藤さんとは講師仲間で、以前からいろんなことを話しているため、インタビューでもCDの選曲から各々の作品にまつわる思い出、ピアニストとして、作曲家としての仕事内容、これからの展望までさまざまな話に花が咲いた。
 アルバムは音楽の旅路を振り返り、心に残る曲を選曲したそうで、ショパン、シューマン、グリーグ、ラヴェルなどの作品とポッツォーリ、シェック、グアスタビーノ、スコットなどの作品も加わり、もちろんオリジナル曲も収録されている。
 このインタビューは、「レコード芸術」に書く予定になっている。
 音楽の話から健康維持の話に移ったのだが、そこではびっくりする話が飛び出した。彼は9月30日に松本でソプラノの田中彩子のリサイタルでピアノを担当するのだが、その翌日の10月1日に、今年から松本で開催される「松本マラソン」に参加するというのである。
「エーッ、フルマラソンを走るの?」と、私。
「そうですよ、そのためにジムに通ってからだを鍛えていますからね」と、加藤さん。
 なんでも、以前は自信がなかったけど、いまは上半身の筋肉に少し自信が出てきたとか。
「でも、運動すると、どんどん止まらなくなっていく。もっとできる、もっとやらなくちゃという気になってくるから困るんだよね」
 ピアニストは体力勝負というから、からだを鍛えることは必要だろうけど、まさかフルマラソンに挑戦するとはね。
 今回のアルバムは、そんな加藤昌則のエネルギーが詰まった意欲作。
 そういえば、「松本マラソン」の結果はどうだったのだろうか。絶対に完走すると熱く語っていたけど、大丈夫だったのかなあ。
 今日の写真は、アルバムの話から脇道に逸れた話まで、いろんな話を楽しそうに語ってくれた加藤昌則。いつ会っても、ものすごく忙しそうなのに、音楽を本当に楽しんでいる様子が伝わってきて、私も元気をもらえる。



| 親しき友との語らい | 21:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE