Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< リスト・イヤー | main | 近藤嘉宏 >>
チョ・ソンジン
 先週、韓国の若きピアニスト、チョ・ソンジンが来日し、ミニ・コンサートと懇親会を行った。
 チョ・ソンジンは現在16歳。2009年の浜松国際ピアノコンクールの最年少優勝者である。その記念演奏会が2010年7月に銀座ヤマハホールで開催され、聴きに行ったのだが、シューマンもショパンも非常にナチュラルな演奏で、解釈は古典的で伝統にのっとったものだった。
 もっとも強い印象を受けたのは、いずれの作品も完全に手の内に入っていること。それゆえ、作為的な面がまったく見えず、難度の高い箇所も楽々と弾き進めていく。
 そんな新たな才能を高く評価し、応援しているのが韓国出身の世界的な指揮者、チョン・ミョンフン。3月には「東芝グランドコンサート30周年記念コンサート」が開かれ、マエストロはチェコ・フィルハーモニー管弦楽団と日本各地を回る予定だが、このソリストにチョ・ソンジンが選ばれた。曲はチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番である。
 それに先立って来日したチョ・ソンジンは、ショパンとスクリャービンの作品を披露したが、昨年同様、自然で流麗なピアニズムを存分に聴かせた。
 その後、懇親会に移ったとき、私を含め女性3人が彼の肌の美しさを話題にし、大いに盛り上がった。
「ねえ、チョ・ソンジンの肌って、いわゆる赤ちゃん肌よね。ゆで卵みたいにツルリとして、押すとプルンと戻ってくる感じ」
「何を食べたら、あんなにきれいな肌になるのかしら」
「キムチじゃない。唐辛子のカプサイシンが効くんだと思う」
「じゃ、今夜から早速食べようかな」
「でも、数年後にはあの肌にヒゲが生えて、いわゆる男性の肌になってしまうのよね」
「ううん、大丈夫。そんなにヒゲは濃くならないと思う」
「ああ、ヒゲの生えた彼の顔、見たくないなあ」
「アッハッハ」
 最後のバカ笑いは私です。こんなに間近にすばらしい才能を持ったピアニストがいるというのに、私たちの話題ときたら…。困ったモンだ。
 でも、インタビューだけはちゃんと行った。その様子はヤマハのwebサイト「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」に書いたので、ぜひそちらもクリックしてほしいな。
 というわけで、そのサイトには写真も掲載しているので、美しい肌をじっくり見てほしいと思う。いや、これはまちがい。ぜひ、チョ・ソンジンの美しい演奏を聴いてほしい(笑)。
| 情報・特急便 | 18:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE