Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ジュリアン・ブリーム | main | ラン・ラン >>
フキのしのだ包み煮
 日本の春の味覚、フキをいただいたのでどんなお料理にしようか迷った末、「フキのしのだ包み煮」を作ることにした。

材料 (4人前)
フキ200〜300グラム、あぶらげ4枚、カンピョウ2メートルくらい、A(だし汁カップ2、しょうゆ大さじ3、砂糖大さじ2、酒大さじ1)、木の芽少々

作りかた
1 フキは鍋に入る大きさに切り、まな板に並べて塩少々を振り、手でころがして板ずりをする。塩が自然に溶けたら、たっぷりの熱湯でやわらかくなるまでゆで、冷水にとって皮をむき、さらに水につけてアク抜きを。
2 あぶらげは包丁の柄かすりこぎなどで軽く叩き、1枚を半分に切って破らないように袋にする。それをザルに並べ、熱湯をかけてあぶら抜きをし、冷めたら水分をしぼっておく。
3 フキをあぶらげの大きさに切り、数本ずつ詰め、塩でもんでよく洗ったカンピョウを8等分に切ったものでしばる。
4 鍋にAを入れて煮立て、しのだ包みを入れ、弱火でじっくりと水分がほとんどなくなるまで煮含める。
5 器に盛って一部は切って中身が見えるようにし、木の芽をトッピング。

 今日の写真は無事にできあがったしのだ包み。下ごしらえに結構時間がかかるけど、手間がかかった分、おいしくいただける。白いごはんにもばっちり、お酒のおつまみとして小鉢に盛ったら、ちょっと春風の香りがただよいそう。ぜひ、おためしあれ。

| 美味なるダイアリー | 23:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE