Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 木村大 | main | チロット音楽祭 >>
オリーブの木のすり鉢とすりこぎ
 海外出張に行くと、必ず現地のキッチン用品や食材を求めに走ってしまう。時間が限られているため、あれこれ迷ったり、お店をはしごすることもできず、直感で「コレっ」と思った物をすぐに購入。
 アテネに行ったときは、オリーブの木で作られたさまざまなグッズを売っているお店に直行。すり鉢とすりこぎのセットを買った。
 これはジェノベーゼ(バジルペースト)を作るときにとっても便利。新鮮なバジルの葉、にんにく、松の実、ペコリーノチーズ、カシューナッツなどを適宜入れてつぶし、最後にエキストラ・ヴァージンオリーブオイルを加え、塩とほんの少しの砂糖で調味。もちろん、チーズは好みでいかようにも変えられる。
 ジェノベーゼはパスタやスープ、サラダにまぜるのは定番だが、白身魚のカルパッチョにもよく合う。
 ゆでた野菜を手早くつぶしたり、ソースを作るときにも結構重宝する。オリーブの木の製品はまな板も持っているし、サラダサーバーも手に入れたが、何といってもこのどっしりとしたすり鉢は存在感たっぷり。洗った後は、自然乾燥が最適。使っていると徐々に色が渋くなってきて、いまやベテランシェフが使用しているような色合いになってきた。しめしめ(笑)。
 今日の写真はそのすり鉢とすりこぎ。貫録あるでしょう。

| 美味なるダイアリー | 20:58 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE