Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 室井摩耶子 | main | 新年の始まり >>
きんかんのハチミツ漬け
 電車に乗っても、町を歩いていても、風邪をひいて咳をしている人が多い。こんなときにはビタミンCを摂るのが一番だ。
 私が毎年この季節になると作るのは、「きんかんのハチミツ漬け」。オーガニックのきんかんなら皮までまるごと食べられて安心。
 まず、きんかんをさっと洗い、それぞれ横半分に切り、箸の先で種をとっていく。この作業が一番時間がかかる。
 それが完了したらピンに入れ、上からタラリタラリとハチミツを入れていく。この分量はお好みで。
 私は煮たりせずにナマで食べるタイプ。4日から1週間ほどするとハチミツときんかんの水気がうまい具合に混じり合い、実がやんわりとしてくる。
 それを和食のデザートのようにして小皿に盛り、ちょっとおしゃれな楊枝を添えると、あらら不思議、手間暇かけたように見える。
 これは風邪の特効薬。たくさん作ってもすぐになくなってしまう。そんなに酸っぱくないから、男性でも大丈夫。
 今日の写真は漬けたばかりのきんかん。早くやわらかくならないかなあ(笑)。


| 美味なるダイアリー | 17:19 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE