Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< キュリー夫妻 | main | アドリアン・ユストゥス >>
根菜とゴマのパワー
 冬は根菜のおいしい季節である。
 いつもはたくさんの野菜や牛肉を入れた五目きんぴらを作るのだが、今日はゴボウとニンジンのシンプルなきんぴらを作った。とても新鮮なニンジンとやわらかそうなゴボウを見つけたからだ。
 まず、ゴボウ1本とニンジン1本を千切りにする。私はあまり細くは切らず、乱切りっぽくざくざく切る。このほうが、食べたときに素材の味が存分に楽しめるからである。ゴボウはさっと水に漬けてアク抜きを。
 フライパンにゴマ油大さじ1〜2を熱し、水気を拭いた野菜を炒める。しんなりしてきたら、砂糖大さじ1、酒・しょうゆ各大さじ2、水大さじ3を入れてさらに炒め煮に。
 ここに赤唐辛子のみじん切り少々を加え、汁がなくなるまで炒りつける。
 さて、ここからが今日のレシピのこだわり。
 いつもはお皿に盛りつけてから煎った白ゴマかすりゴマをパラパラとかけてトッピングにするのだが、今日は練りゴマ少々を熱いうちにざっくりと混ぜ込んでみた。ゴマだれの上澄みを少し混ぜてもいいと思う。ただし、その場合は味がついているので、きんぴらの調味料は少し控えめにしたほうがいい。
 今日の写真はできたてのきんぴら。ゴマのねっとりした感じがゴボウとニンジンにからみつき、なんともいえない深い味わいを醸し出している。
 こりゃ、ごはんが進むワ。熱燗にも合うかも(笑)。ヘルシーでシンプルで、まさに日本の冬の味覚。ぜひ、お試しあれー。


 
 
| 美味なるダイアリー | 15:54 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE