Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ナージャ・サレルノ・ソネンバーグ、セルジオ&オダイル・アサド | main | アキコ・グレース >>
旬のワカサギ
 寒さがきびしいこの時期になると、みずみずしいワカサギが魚屋さんの店頭に並ぶ。
 ワカサギはてんぷら、フライ、南蛮漬け、マリネなど、さまざまな料理法があるが、今日は旬のワカサギのもっともシンプルな料理法、フライを作った。
 まず、ワカサギはさっと塩を振って水洗いする。私は生臭みをとるために、しばらく牛乳少々に漬けておく。
 これをキッチンペーパーでしっかり水気を切る。ここでものすごくていねいに水分をとっておかないと、油に入れたときにはねるので、要注意。
 ワカサギに小麦粉、卵、パン粉をまぶし、きれいな色がつくまで揚げる。
 熱いうちにレモン、シークワーサー、ライム、すだちなど、柑橘類のしぼり汁をジューッとまわしかける。手に入る柑橘類なら、何でもOK。
 揚げる前に、用意しておきたいのがタルタルソース。タマネギ、ゆで卵、キュウリのピクルス、パセリをみじん切りにし、マヨネーズと和え、柑橘類を混ぜる。
 今日の写真は揚げたてのワカサギ。手作りのタルタルソースを添えて、さあ、どうぞ。この時期だけの季節限定レシピですぞ(笑)。


 
| 美味なるダイアリー | 22:10 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE