Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< イザベル・ファウスト&アレクサンドル・メルニコフ | main | 村治奏一 >>
南西ドイツ放送交響楽団バーデン=バーデン&フライブルク
 毎年この時期になると、「東芝グランドコンサート」の日本ツアーが開催される。2012年のオーケストラは、1946年に設立された南西ドイツ放送交響楽団バーデン=バーデン&フライブルクで、指揮は2011年9月に首席指揮者に就任した、1971年フランス生まれのフランソワ=グザヴィエ・ロト。
 毎年このプログラムの原稿にかかわっているため、今夜は前半が萩原麻未のソロによるラヴェルのピアノ協奏曲、後半はマーラーの交響曲第5番というプログラムを聴きに出かけた。
 萩原麻未は、2010年11月のジュネーヴ国際コンクールのピアノ部門で優勝したときに、このラヴェルを演奏した。このコンチェルトはその意味で彼女の記念碑的な作品である。すでに各地で数多く弾いているだけあって、今夜の演奏も完全に手の内に入った演奏。彼女はインタビューのときに「第2楽章の中間部のイングリッシュホルンとピアノのやりとりの部分がすごく好き」といっていたが、まさに美しい音の対話を聴くことができた。
 そして、アンコールに登場したサン=サーンスの「トッカータ」が、萩原麻未の未来への大きな可能性を示唆していた。 
 後半のマーラーは、このオーケストラと早くも親密な関係を築いていることを示したマエストロ・ロトの本領発揮となった。
 ドイツ南西部に位置しているからか、このオーケストラの響きはとてもクリアで明るい。ロトの音楽作りは余分なことをせずに、真っ向勝負の正統的な指揮。両者は長い作品であるマーラーの交響曲第5番を一瞬たりとも飽きさせず、最後まで聴き手の心をひきつけ、終演後には大喝采に包まれた。
 マーラーの交響曲は聴き終わると心にずっしりと重く深い感情が残る場合が多いが、今夜の演奏は爽快感と充足感と作品の新たな面の発見をもたらしてくれた。
 ロトとオーケストラの生み出す音楽は、作品がいま生まれたばかりのような新鮮さを醸し出し、前向きで明快で音楽する喜びにあふれていたからだ。
 このオーケストラはいい指揮者を得たと思う。今後の歩みに大きな期待をもたせてくれる。ロトの世代のフランスの指揮者は各地で活躍しているが、みな新たな視点でオーケストラと対峙している。
 今日の演奏を聴いて、最近の指揮者の動向に目が離せなくなってきた。今年は各地のオーケストラがすばらしい指揮者と次々に来日する。集中して聴かなくっちゃね。
 今日の写真はコンサートでお会いした友人のKさんからいただいた手作りのバレンタインチョコレート。ご家族で作ったそうだ。素敵な箱に入っていて、とてもキュート。食べるのがもったいないくらいで、ずっとながめていたい(笑)。Kさん、ごちそうさま。「ありがとう」とご家族に伝えてくださいね。またまた、音と味のハーモニーに心が癒された。
実は、Kさんは萩原麻未の大切な恩師的存在。彼女にも同じチョコがプレゼントされたそうだから、私はピアニストと同じチョコをいただいたことになる。
 だからかな、味わっていると、ラヴェルの旋律が浮かんできたゾ(笑)。


 
 
| クラシックを愛す | 23:45 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE