Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< デニス・マツーエフ | main | グリーグのピアノ・ソナタ >>
春野菜のはさみ揚げカツ
 まだ風は冷たい日が続いているが、八百屋さんの店頭には春を告げる野菜がたくさん顔をそろえている。
 そこで春野菜を使った薄切り肉のカツを作ってみた。これは野菜がたくさん食べられ、お肉の量もそんなに多くないため、とてもヘルシーだ。
 まず、豚肉の大きめに切った薄切りをひとり2枚ずつ用意する。これに菜の花をゆでて水けをしっかり絞ったもの、ウドを薄切りにして酢水に放し、水気をとったもの、タケノコの薄切りを適宜用意する。
 肉の両面に軽く塩、コショーを振り、野菜をはさんで包み、小麦粉、卵、パン粉をトンカツの要領でまぶし、油で揚げる。
 お皿に盛りつけるときにカツを切って中身を見せるようにし、春の新鮮なやわらかいキャベツを千切りにして添える。
 これはマスタード、ケチャップ、ソースを合わせたトンカツ用のソースももちろんピッタリでごはんが進むけど、揚げたてに柑橘類をギュッとしぼってかけるとちょっと洋風な味わいになり、ワインにも合う。
 今日の写真は揚げたての「春野菜のはさみ揚げカツ」。あつあつをほおばると、菜の花の苦み、ウドの香り、タケノコの歯触りがカツと相まって絶妙!!
 日本の春を感じるレシピで〜す。


 
| 美味なるダイアリー | 22:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE