Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ホタルイカの煮物 | main | ドビュッシー 音楽と美術 印象派と象徴派のあいだで >>
牛田智大
 12歳のピアニスト牛田智大に関しては、1月に紹介したばかりだが、彼は今春中学生になった。
 そのデビュー・アルバム「愛の夢〜牛田智大デビュー」は聴き手をとても幸せな気分にしてくれるため、さまざまなところで紹介しているが、いま発売中の「クロワッサン」にも記事を書いた。
 いまは学校の合間を縫って、数多くのテレビ出演や取材に応じ、多忙を極めている牛田くん。きっと私が話を聞いたときと同様、どんな質問にもてきぱきと答え、迷いのないまっすぐな返事をして人々を驚かせているに違いない。
 そんな彼の本格的なデビュー公演が7月17日に東京オペラシティコンサートホールで行われることになった(19時開演)。
 プログラムは録音と連動し、リスト「愛の夢 第3番」、ショパン「小犬のワルツ」、ショパン「ノクターン第2番」、プーランク「即興曲第15番 エディット・ピアフを讃えて」ほかが組まれている。
 いまの日本を元気づけてくれ、明るい未来を感じさせてくれるすばらしい才能、牛田智大はそんな夢を与えてくれる存在である。
 
 
| 情報・特急便 | 22:14 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE