Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< マーティン・ヘルムヘン、ヴェロニカ・エーベルレ、石坂団十郎 | main | ネマニャ・ラドゥロヴィチ >>
シンプルな浅漬け
 最近、浅漬けに凝っている。ラジウム系鉱石を施した浅漬器を手に入れたからである。
 これは半永久的に多くのマイナスイオンを発生し続けるというもので、その効果で塩分がまろやかに作用し、浸透力が増すという代物だ。
 まず、もっともシンプルなキュウリの浅漬けを作ってみた。もちろん、有機栽培のおいしくてヘルシーなキュウリの登場である。
 まず、キュウリ3本は塩少々で板ずりしてさっと水で洗い、ひと口大の乱切りにする。
 浅漬器にキュウリを入れ、塩小さじ1を入れて手でざっくりと混ぜ、重しを乗せて約2時間漬ける。
 私は塩にはこだわっていて、いろんな種類をお料理によって使い分けているが、浅漬けには対馬海峡の塩を使ってみた。
 さて、2時間経過。楽しみな味見の時間がやってきた。
 ひと口食べた途端、「うーん、美味」とうなってしまった。キュウリと塩だけなのに、こんなにあっさりと、しかも奥深い浅漬けができるとは…。
 もっと時間をかけて1日漬けておくと、まろやかさが増し、熟成した味わいになる。
 これから挑戦するのは、ナスとミョウガ、ハクサイにユズや刻み昆布やタカノツメなどを入れたもの。
 これから野菜がどんどんおいしくなる季節。いろんな浅漬けにトライしてみたい。こういう箸やすめの一品があると、食卓がちょっとなごんだ感じになるから不思議だ。
 今日の写真は1日経過したキュウリの浅漬け。奥には愛用品となりそうな浅漬器。これは冷蔵庫に入るほどの手軽な大きさ。キャベツのコールスローやニンジンとグレープフルーツのサラダもできそう。
 また、レシピが広がってうれしい限り。おしんこ好きさん、差し入れしますよ(笑)。


 
 
| 美味なるダイアリー | 22:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE