Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 差し入れ | main | 第8回浜松国際ピアノコンクール >>
ローエングリン
 今日は新国立劇場にワーグナーの「ローエングリン」を聴きにいった。先日インタビューしたクラウス・フロリアン・フォークトがタイトルロールを歌っているからだ。
 まず、シンプルでありながら、光を駆使した舞台装置の美しさに目を見張った。舞台後方に何十個もの四角状のオブジェが設置され、その内部に設置された照明機材が光り、シーンによって、アリアによって幾重にも色合いを変化させていく。あたかも主人公たちの内面を映し出していくように、こまやかに表情を変えていくのである。
 衣裳も非常に独創的で、近代的でありながら、オペラの内容に即したものだった。
 今回の出演者はみな歌唱力、表現力、演技力が見事で、アリアもアンサンブルも緊張感がみなぎり、一瞬たりとも弛緩するところがなく集中力をもって聴くことができたため、あっというまに時間が過ぎていった。
 ただし、40分の休憩を2回はさみ、約5時間という長丁場だった。
 もちろん、フォークトのローエングリンは圧巻。録音で聴く歌声よりも、ナマのほうがよりかろやかで柔軟性に満ちた高音が際立つ。音程の確かさと歌詞の発音の明瞭さが冒頭から強烈な印象で迫ってきた。
 さらに音の浸透力の強さが大きな武器で、どんなにオーケストラが強音で鳴っていても、重唱で他の歌手たちが一緒に歌っていても、フォークトの音だけが確固たる響きと主張をもって聴こえてくるのである。その声は決して大音量ではなく、威圧的でもなく、完璧にコントロールされた自然な美しさ。だが、いつまでも心の奥に歌声が残る、強烈な個性に裏付けられている。
 オペラ歌手には一種のオーラが必要だと思うが、フォークトが舞台に存在しているだけで、そこだけが輝かしい光を発しているように思える。もちろん照明の工夫、白っぽい衣裳も関係しているが、まさに神から遣わされたローエングリンならではの聖なるオーラが放たれていた。
 彼はインタビューで「チームプレイが好き」と語っていたが、終演後のステージ上のあいさつに出てきたとき、真っ先にプロンプターのところに走っていって握手をしていた。私の席からプロンプターの手だけが見え、にんまりと笑ってしまった。
 こんなに心が高揚するワーグナー作品を聴いたのは、実に久しぶりのことである。以前、ヘルマン・プライをはじめとする名歌手たちが総出演した、バイエルン国立歌劇場の来日公演「マイスタージンガー」以来かもしれない。
 フォークトを聴く、それは新しいワーグナー体験をすること。まだナマの歌声を聴いていない人は、ぜひこの稀有なヘルデン・テノールを聴いてほしい。きっとワーグナーの偉大さが理解でき、より多くの作品を聴きたいと願う気持ちが湧いてくると思うから。
 ちなみに、まだ「ローエングリン」は13日と16日の公演が残っている。フォークトは、「毎回、歌うたびに異なる感情が湧き、歌いかたが変わる。それがオペラの醍醐味だと思う」といっていた。あと2回、どんなローエングリンが披露されるだろうか…。
| クラシックを愛す | 23:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE