Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< スティーヴン・イッサーリス | main | イングリッシュ・マフィン >>
若い才能
 昨日はユニバーサルで、牛田智大のインタビューを行った。
 彼はいつ会ってもキュートな笑顔を絶やさず、ていねいなことばを使って一生懸命話してくれる。
 そのなかで、2010年のショパン国際ピアノ・コンクールの話になった。ずっと映像をチェックしていたそうで、なんでもニコライ・ホジャイノフとダニール・トリフォノフの演奏に惹かれたという。
 やはり若いピアニストのみずみずしい演奏に共感するのだろうか。
 私がコンクールを聴きにいった話をし、「次のショパン・コンクールはまだ16歳だから受けられなくて残念ね」というと、「すごく残念です。1歳たりないんですよね」と本当に残念そうな表情をした。
 オリンピックにもいえることだが、何年に1度行われるような大きな国際的な大会は、ちょうどそのときにピークがこないと参加できない。
 牛田くんはショパン・コンクールIN ASIAで連続優勝を飾っている。本当はワルシャワのあのステージで彼の演奏する雄姿を見たいのだが、こればかりは如何ともしがたい。
 でも、彼の才能はすばらしいから、きっといいチャンスにめぐり合うと確信している。
 そしていま、そのホジャイノフの日本でのデビューCDのライナーを書いている(ビクター)。彼もまた、ぐんぐん伸びていく若芽のような、天井知らずのような特別なものを秘めている。
 さて、もう一度ホジャイノフの音源を聴き、原稿に没頭するとしますか。
| 情報・特急便 | 00:30 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE