Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 若い才能 | main | なかだるみ >>
イングリッシュ・マフィン
 近くのパン屋さんの店頭に、毎週2度ほど焼きたてのイングリッシュ・マフィンが並ぶ。
 私はこれに目がなく、数に限りがあるため、すぐに飛んでいく。
 今日は北海道のおいしいオーガニックのチーズとロースハムが手に入ったため、これらをはさんでサンドイッチを作った。
 まず、マフィンは包丁を使わず、外側をフォークで刺しながらぐるりと一周して穴をあけ、開いて両面にバターと大好きなマイユのマスタードを塗る。
 これにチーズとハムをはさめば出来上がり。実にシンプル、素材のよさで味わう一品だ。
 ここのイングリッシュ・マフィンはそんなに大きなサイズではないのに、しっかり作られているためか、おなかにどっしりと響く。うーん、ひとつでも満足じゃ(笑)。
 今日は日曜日にもかかわらず、CDのライナーやインタビュー原稿の締め切りがあり、一日中仕事漬け。でも、おいしいブランチでほっとひと息ついた。
 写真はそのマフィン。これ、パン好きな人だったらやみつきになると思うな。シンプルゆえに飽きないから。
 でも、こんなこと書くと、「差し入れにもってきてえ」といわれそうだ。いや、ほどほどにしておこう(笑)。


 
 
| 美味なるダイアリー | 22:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE