Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 真夏のパリへ | main | フェデラー、銀メダル >>
フェデラー死闘を制す
 オリンピック観戦で、連日寝不足という人は多いのではないだろうか。
 私も昨夜はライヴストリーミングでテニスのフェデラー対デル・ポトロの準決勝を見て、完全に寝不足。
 しかし、すごい試合だった。オリンピックでは、3セット目にタイブレークは設けられていないため、ふたりは2ポイント差がつくまで延々試合を続けなければならなかった。
 最後はようやくフェデラーが勝ち、メダルを確定したが、4時間半の大接戦。いやあ、疲れましたなあ。終始、ハラハラドキドキの試合だった。
 フェデラーがあとで語っているように、一時は負けるかと思った。
 いよいよ、明日はマレーとの決勝だ。絶対に金メダルをとってほしい。
 そんな寝不足でも、パリにいくまでにやらなくてはならない仕事が山積みだから、気を抜いてはいられない。
 今日はある雑誌の編集長からインタビューの依頼が入ったが、事情を話してお断りした。最近は、連載以外はほとんどお断りせざるを得ない。
 もっとチャッチャカと原稿を仕上げていく人なら苦労はないのだろうが、ひとつひとつ時間をかけてじっくり集中しないと書けない私は、結構時間がかかってしまう。
「でも、すごく速いほうだと思いますよ」
「一気に書く感じだから、あまり時間かからないでしょ」
 こんなことをよくいわれるが、とんでもない。あれこれ調べながら、ときには音源を聴きながら、資料を探しながらとなると、「なんで、なんで、どうしてこうひとつのことに時間がかかるの」と自分に腹が立つのは毎日のこと。
 この一番の理由ははっきりしている。すべての資料が、図書館のようにきちんと整理されていないのが原因。次から次へとたくさんの物が送られてくるため、私の整理能力を完全に超えてしまっているのである。
 時間に余裕がなくなってくると、より部屋が散らかってきて、それを見るたびに落ち込み、さらに仕事が遅くなる。
 なんとかならないものか。父も母も教職に就きながら物を書いていたため、我が家は部屋や廊下や玄関の横まで本や資料が積み上げられていた。
 これって、遺伝かしら。資料を必要としない仕事っていいよなあ。
 私の夢は、壁一面に天井まで棚があり、そこにきれいに本やCDや資料が整理されていて、原稿を書くときにパッと関連した物が見つかる部屋に住むこと。まあ、しょせん無理よね。まわりを見渡せば、これは夢のまた夢。
 さて、また探し物しなくちゃ。明日のフェデラーの決勝戦に備えて、その前に仕事を終わらせたいんだよね。
 いったい何が主体の毎日か、わからなくなってきたゾ(笑)。 
 
| ロジャー・フェデラー | 23:20 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE