Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< エマニュエル・パユ | main | 血流がよくなる >>
クリムト 接吻
 先日、出版社の単行本の担当のかたと打ち合わせをした。
 彼女は、つい先ごろウィーン出張から戻ったばかり。そのお土産に、クリムトの代表作「接吻」の絵が描かれた紅茶缶をいただいた。
 なんでも、空き時間にベルヴェデーレ宮殿でこのクリムトの絵を見たとか。ウワーっ、うらやましい。私もぜひ見たいのに…。
 今年はクリムトの生誕150年のメモリアルイヤー。ウィーンでは、10の博物館・美術館で特別展覧会が開催されている。
 ふだんはなかなか見られないクリムトの作品。ウィーンに行くなら今年ですよね、絶対。
 でも、行かれるわけはないし。いただいた紅茶の缶をながめて、がまんするっきゃないな。
 でも、この缶、本当に素敵。「DEMMERS TEEHAUS」と書いてある。紅茶を飲んでから仕事机の上に置いて、ステーショナリーを入れるのにピッタリだ。毎日ながめられるし。
 クリムトの生きた時代、ウィーンではマーラーをはじめとする音楽家や建築家、画家、文学者たちが個性的な作品を発表し、文化・芸術が百花繚乱のときを迎えていた。この絵をながめていると、その馨しい香りがただよってくる感じがする。
 Oさん、ありがとう。しばし、夢見心地の時間を過ごすことができました。というわけで、紅茶を早速いただきまーす。

| クラシックを愛す | 21:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE