Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ユンディ・リ | main | スコット・ロス >>
新譜、新譜、新譜…
 毎月、この時期になると各社から一斉に新譜が送られてくる。再発もあり、輸入盤もある。
 どれから聴こうか、なんて悠長なことはいっていられない。とにかく時間の許す限り、片っぱしから聴いていく。
 そしてこれとこれは音楽専門誌の新譜評に、こっちは新聞のNEW DISKのコーナーに、これは女性誌のエッセイに、そしてこれはWEBの記事用にと、それぞれ選んでいく。
 以前は出張に出かけるときも、電車のなかでも聴くようにしていたが、どうしても集中できないため、家でじっくり聴くことに絞った。
 ただし、これは時間との勝負だ。自宅では原稿を書くことがどうしても優先されるため、新譜を聴く時間は限られる。いかに時間をひねり出すか。これがいつもこの時期、私に課せられた大きな問題となる。
 でも、今月は聴きたいものが多い。こういうときは大変だけど、心は燃える。さて、次はどれを聴こうかと、気持ちははやるばかり。
 新人ピアニストの意欲的な録音も多いし、ベテラン指揮者のオペラやオーケストラ作品も聴き逃せない。
 そうこうしているうちに、リマスタリングされた往年の巨匠たちの名盤がドーンと届いた。これまたじっくり聴き込んで書かなくては。
 さて、1日の時間は24時間しかない。それをどう配分するか。これが毎月巡ってくる私の定番となりつつある問題。
 ああだこうだいっていないで、まずは聴きますか(笑)。すばらしい演奏が目の前にあるのだから。
 それに加え、いよいよクラシック・シーズンの幕開けだ。秋は来日アーティストが多く、数々のコンベンションやイベントも目白押し。さてと、本当に気を引き締めてかからないと、この時期を乗り越えることはできないゾ。
 
 
 
| クラシックを愛す | 22:40 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE