Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 単行本の校正 | main | 校正をすべて終了 >>
京野菜
 知り合いのTさんが京都に旅をし、京野菜をお土産にくださった。
 九条葱、安納芋、静むらさき、葉人参、葉大根、京かんざし(金時にんじん)、ユリ根など、まるで絵のような美しい野菜ばかり。
 昨日は校正で疲労困憊し、その疲れが今日もまだ完全に抜けきれなかったが、この雅で上品で楚々とした野菜を見たら、一気に疲れが吹き飛んだ。
 さて、このすばらしい素材をどうお料理すべきか。思案のしどころだ。Tさんは八百屋さんでいただいたレシピもくださったので、それとにらめっこ。
 うーん、私がまったく試したことのないような新たなレシピがたくさんあるゾ。これは楽しみだ。
 私は京都が大好きだが、それは両親のおかげ。小学生のころから両親の仕事の関係で、夏休みは必ず京都に連れていってもらった。「一見さんお断り」のような敷居の高い料亭や老舗のお店にも連れていってもらったため、舌だけは肥えた。
 大人になったいまでは、本当はそういうお店にいって自らの舌を磨くべきなのだろうが、どうも勇気が出ない。父のうしろからそっと入っていったときを思い出すばかり。なさけないですなあ(笑)。
 そういえば、しばらく京都にいっていない。この京野菜を前にして、旅心がむくむく。ああ、京都が呼んでいるー!!
 今日の写真はいただいた野菜たち。こうしてながめていると、なんだかセザンヌの絵のようだと感じた。なんと色彩感豊かなんだろう。
 さあて、何から作ろうかな。Tさん、ありがとう、元気が出ました。京都の香りがただよってくるようです。


 
| 美味なるダイアリー | 22:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE