Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< オリーブオイルの効用 | main | 白菜の煮びたし >>
チェルシー、敗れる
 昨夜は、サッカーのトヨタ・クラブワールドカップ(W杯)最終日の決勝で、欧州代表のチェルシー(イングランド)が南米代表のコリンチャンス(ブラジル)に0―1で敗れるという波乱があった。
 私は以前からチェルシーのディディエ・ドログバとフェルナンド・トーレスを応援しているが、いまやドログバはいない。トーレスは、エースとしてひとり頑張らざるをえない状況がつづいている。
 しかし、トーレスは今シーズン不調といわれ、今回も泥臭く執拗に攻撃してくるコリンチャンスの前に、いつもの華麗なプレーは影をひそめた。
 コリンチャンスは、とにかくつぶしが速い。あっというまにボールを奪い、カウンターを仕掛け、一気にゴールに突っ走る。
 GKのカッシオも好セーブを連発、ついに69分にペルー代表FWのゲレロに頭で押し込まれ、チェルシーは痛い先制点をとられてしまった。
 後半ずっとこの流れは変わらず、終盤にトーレスがようやく1点入れたと飛びあがったら、これがオフサイド。ああ、もう万事休す。
 南米勢は6年ぶりの優勝を手にし、チェルシーは初優勝を逃した。
 あのトーレスの1点が入っていれば延長戦に突入し、試合の行方はわからず、もっとおもしろくなったはずなのに、かえすがえすも残念…。
 今日の新聞には、チェルシーのベニテス監督の「決定機を逃した」という談話が載っていたが、私の目は「エース(トーレス)は報道陣の問いかけにまったく口を開かなかった」という記事に釘付け。そりゃ、そうでしょう。
 不調といわれつづけ、起死回生のゴールがオフサイドに終わったんだから。さぞ悔しい思いで日本をあとにしたに違いない。
 私もすごく悔しい。本当にオフサイドって、微妙だよね。たいていの場合、ワーッて大喜びして、旗が上がっているのを見るなり、みんながガクーッとくるんだから。
 フェルナンド、がんばれ。またチャンスは巡ってくるよ。私も応援しつづけるからね!!
 
| 日々つづれ織り | 21:20 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE