Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 「読売新聞」のインタビューを受ける | main | アーティストレシピの原稿 >>
春を呼ぶ菜の花
 まだまだ寒い日が続くが、八百屋さんの店頭にもう春を呼ぶ菜の花が並んでいる。
 以前は、2月から3月に顔を見せる野菜だったが、近年は出荷時期が早まり、この時期に登場するのは寒咲花菜と呼ぶ種類だそうだ。
 早速、この南房総特産の菜の花を買い、菜の花ごはんを作ってみた。
 まず、菜の花1束は洗って塩少々を入れた湯でさっと湯がく。これを水にとってアクをとり、よくしぼって2センチ長さに切っておく。
 米2合はといでふつうに炊くときの水の量をだし汁に変え、酒大さじ1、塩少々、薄口しょうゆ小さじ2を入れて炊く。
 炊きあがったら菜の花を入れてざっくり混ぜ、しばらく蒸らす。
 お茶碗にごはんを盛り、糸削りのかつおぶしをバラリとトッピングしてできあがり。
 うーん、なんともさわやかな、春の香りのする菜の花ごはんに癒される感じ。焼き海苔を巻いてもおいしいし、お漬物を添えてもいける。
 今日の写真はできたての菜の花ごはん。おいしく作るコツは、いいだし汁を使うこと。これに尽きます。上質のかつおぶしと昆布でとった1番だしがあればOK。
 春の訪れをシンプルなごはんでぜひ味わって…。


| 美味なるダイアリー | 22:03 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE