Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 雪かき | main | 諏訪内晶子 >>
ムール貝
 今日は友人のKさんと、彼女の行きつけの乃木坂にあるフレンチレストランの老舗、「シェ・ピエール」でランチをご一緒した。
 以前からこのお店ならではのおいしいムール貝を食べに行こうという話になっていたが、なかなかスケジュールが合わず、とうとうムール貝の最後の時期となって、ようやく味わうことができた。
 ムール貝だけでも感激だったが、海の幸サラダも、メーンのお肉もお魚も、そしてデザートも、ピエールさんの真摯で温かな人柄が映し出されたもので、ひとつひとつとてもていねいに作られていて美味。
 Kさんとは、いつも話し出したら止まらないという感じで、音楽の話、仕事の話、家族の話、旅の話など次々に話題が出てくる。
 結局、ランチなのに4時間以上も長居をしてしまった。サービスをしてくれるピエールさんのご家族の女性もとても感じがよくて、いいタイミングで紅茶のおかわりをもってきてくれるため、またまた腰を上げることができなくなってしまう。
 実は、Kさんは私の単行本を10冊も購入してくれ、それにサインをすることになった。友人にプレゼントしてくれるのだそうだ。
 なんという幸せ。こういうことをさりげなくしてくれる友人というのは、本当に涙がこぼれんばかりに感動してしまう。
 私の紅茶好きを知っている彼女は、またヨーロッパのおいしい紅茶をプレゼントしてくれた。それから先日、奈良で探したという吉野本葛もいただいた。
 これで「アーティストレシピの本を頑張って」、と背中を押された感じだ。
 はーい、本腰を入れて頑張りまーす。
 今日の写真は「こんなにおいしいムール貝はベルギー以来」、とふたりで感動しながらいただいたひと皿。もうひとつは、海の幸がふんだんに入ったサラダ。私はこの白いセロリの風味がするマリネ状の野菜に興味を惹かれ、ピエールさんに聞いたところ、セロリの根だそうだ。
 日本ではなかなか目にすることができないが、とてもさわやかで繊細な香りがあり、しゃきしゃきとした歯ざわりのおいしい逸品だった。
 仕事仕事で心身が疲弊した日々に、まさにひと吹きの新鮮な風を吹き込まれた一日となった。Kさん、ありがとう!!



 
| 美味なるダイアリー | 22:08 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE