Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」の電子書籍発売 | main | イングリット・フジコ・ヘミング パリの演奏会 >>
「渡辺真知子〜恋の予感」に出演
 今日は、綜合放送AMラジオ「渡辺真知子〜恋の予感」にゲスト出演し、単行本の話やそれにまつわるアーティストの話、執筆中の苦労話から旅のことまでさまざまな話をした。
 歌手の渡辺真知子さんにお会いするのは、もちろん初めてである。
 ところが、会った途端にふたりで意気投合。収録中は話がどんどんそれ、いろんな方向に話題が飛んでいった。
「私、伊熊さんが入ってきたとき、目が合った途端、同じテンションの高さをもつ人だと直感したの」
 彼女にこういわれ、私も本当に同じ気持ちを抱いた。
 真知子さんはとってもテンションが高く、おおらかで自由できさく。「声が大きくて」と、ご自分でもおっしゃっていたが、私も声はよく通るといわれる。
 それに違う世界で仕事をしているにもかかわらず、話していてまったく違和感がない。音楽という共通項があるからだろうか。
 とってもチャーミングな笑顔の持ち主で、テレビで見るよりもほんわかあったかい感じがする。
「ああ、ワインでも飲みながら、一緒に音楽の話をしたいワ〜」
 こういわれ、私もぜひそうしたいと思うが、こうした出会いは一度で終わるのかもしれない。
 だからこそ、とても貴重な対談のひとときだった。
 このラジオ放送は、地方のAM局にいろいろ配信されるそうだ。東京では聴くことができないのが残念。
 今日の写真は、対談が終わって雑談をしていたときの真知子さんの表情。ねっ、あったかい感じでしょ。
 もしも、もう一度お会いするチャンスがあったら、今度は仕事抜きでいろんな話をしたいな。
 そうそう、今日のディレクターが渡してくれた用紙のなかに、「伊熊さん、マシンガントークで有名だそうです」と書いてあった。えっ、彼は私のブログを読んでくれたのかしら。マズイ、ゆっくり話さなくちゃ、と最初からちょっとだけブレーキがかかった。
 でも、収録が始まってしまえば、いつものまま。真知子さんもガンガン明るくよく通る声で話すため、それにつられてつい(笑)。
 とても楽しいひとときでした。みなさま、ありがとうございました。

| 日々つづれ織り | 22:51 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE