Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< LFJクラシックアンバサダーの仕事 | main | 連携企画 アート×ミュージック セミナー >>
ひと足早く春
 今日は、牛田智大の単行本用の最後のインタビューに出かけた。
 彼は、最近会うごとに身長が伸びた感じがし、表情も大人びてくる。もちろん、演奏も聴くたびに進化を遂げている。
 これまでのインタビューで足りない部分を聞き、さらに新たな情報も聞き出し、取材はすべて完了した。
 この本は、次のセカンドアルバムのリリースと同時期に出版されることになっており、いまのところ、6月下旬の予定だ。
 それを逆算すると、4月末が原稿締め切りとなる。目の前に「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が迫っているときで、はて、どうなるのかいな、と考えたら、おそろしくなった(笑)。
 インタビュー後、打ち合わせで扶桑社のOさんと表参道のティールームに入ったら、ここのケーキが果物いっぱい、カラフルですばらしいデザイン。お皿の上にひと足早く春が訪れた感じで、Oさんと「食べるの、もったいないねえ」としばし眺めていたくらい。
 今日の写真はOさんのケーキが安寧芋とクルミのケーキ、私のケーキは黒いちじくとイチゴのケーキ。どちらも真っ白なお皿にパウダーシュガーで模様が描かれていて、ホント、食べるのがもったいない。でも、ペロリと、おいしくいただきました(笑)。
 牛田くんは忙しいにもかかわらず、元気でにこやかで前向きな姿勢を崩さなかった。彼にも「春」を感じた。
 さて、単行本の骨子を考え、いい本が書けるようがんばらなくちゃ。



| 美味なるダイアリー | 21:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE