Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< OTTAVA放送日決定 | main | TOKYO FMの番組に出演 >>
有馬雄太さんのフィルム
 ナントの「エルムンド」の撮影でお世話になったフランス在住のディレクター、有馬雄太さんが、個人的なプロジェクトとして1本の掌編フィルムを制作された。
 題して「Fukushima,Bourgogne,J.S.Bach」。
 本来はフランス人に観てもらいたいと思って作ったそうだが、やはり日本人にも観てほしいと考え、日本語での補足字幕をつけたという。
 全体が明と暗、歓喜と苦悩、光と影、静謐と躍動など、さまざまなコントラストが際立ち、そこにバッハの音楽がはさみこまれている。
 まるで救済の音楽のようでもあり、また癒しの音色でもあり、祈りの空気をも感じさせる。
 やはり音楽の力は偉大だ。
 LINKSの「有馬雄太フィルム」をクリックしてください。
 ぜひ、観てね。



 
| 情報・特急便 | 22:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE