Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ニコライ・ホジャイノフのインタビュー | main | マリア・ジョアン・ピリス >>
おいしいオイル
 先日、パリ出張の最終日、飛行機の出発時間が夜中だったため、夕方の仕事のあと少しだけ時間が空いた。
 そこですぐに頭をよぎったのは、食材を探しにいくこと。アンサンブル・アンテルコンタンポランのインタビューとリハーサル取材を終えて地下鉄で移動し、ギャラリー・ラファイエットまでいき、食料品の専門フロア「ラファイエット・グルメ」に直行した。
 ここは世界中の質のよいものだけをセレクトしたこだわりの品揃えを誇っており、何時間見て歩いてもけっして飽きないほど充実した内容となっている。
 しかし、旅人にとっては、あまりかさばるものや割れやすいものは避けなければならず、「うーん、残念」と頭を抱えることしきり。
 それでも短時間で効率よくいろんな食材を見てまわり、びんものも少しだけゲットした。
 私の大好きなオリーブオイルO&CO.の小さなびんを見つけたときは、「これだ!」と狂喜乱舞。今回はマンダリン入りとレモン入りをセレクトし、こんがり焼いたバゲットに塗ると最高だろうなと舌なめずり。
 その隣に目をやると、なんと、これも私が目がないトリュフオイルがずらりと並んでいるではないか。
「キャーッ、これって買うしかないってこと」
 困ったゾ、すでにトランクは資料やさまざまなものでぎっしりのはず。割れものは控えなくちゃいけないんだよね。いまは手荷物にすると没収されてまうし…。
 でも、でも、こんなにおいしそうなトリュフオイル、黙って通り過ぎることはできないよね。
 というわけで、できる限りスリムなボトルを選び、これも購入。
 帰国してからはゆっくりこれらを楽しむ余裕がないため、まだどれも試してないが、ながめているだけで幸せな気分になるから不思議だ。
 いまのたまっている原稿や出かける仕事がひと段落したら、これらをたっぷりと楽しみたい。ああ、考えるだけでよだれが出そう(笑)。
 今日の写真は悩みに悩んで選んできたオリーブオイルとトリュフオイル。どこからかフランスの香りがただよってくると思いませんか。


 
| 美味なるダイアリー | 22:25 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE