Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 服部百音の快挙 | main | ピリス&メネセス デュオ・リサイタル >>
れんこん菓子西湖
 先日のナント出張のさい、ナントの手作りスイーツのお店でおいしそうなお菓子を見つけたので、「伊熊よし子のおいしい音楽案内」の出版社の担当のYさんにお土産を購入した。
 それを送ったのがちょうどバレンタインデーと重なったため、今度はYさんがホワイトデーに和菓子を送ってくださった。
 開けてびっくり、私の大好きな京都紫野の和久傳のれんこん菓子西湖だった。
 このお菓子は初めてで、あまりに美しい姿をしているので、しばし見とれてしまった。
 食べるのがもったいないくらい風情ある面持ちで、説明書によると、「れんこんのでんぷんである蓮粉と、和三盆糖から作った料亭の生菓子」だそうだ。
 何枚もの生笹に包まれ、ひと口味わうと、つるりとのどに滑り込んでいく食感と、上品でシンプルな甘さがたまらない。
 うーん、これぞ、日本の伝統を誇る味なんですね。
 京都に思いを馳せ、味覚のみならず五感を刺激されるような感覚に陥り、うっとり夢見心地。
 Yさん、ありがとうございました。至福のときを味わいました。
 今日の写真は、そのれんこん菓子西湖の艶姿。おいしそうでしょう。
 
| 美味なるダイアリー | 00:10 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE