Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 東京クヮルテット | main | 牡蠣味噌 >>
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 講演
 いよいよゴールデンウィークに突入だ。
 でも、私は原稿に追いまくられ、まったく休日の感覚はなし。
 今日は、「CDジャーナルweb」に「ラ・フォル・ジュルネ」の記事がアップされた。題して「憧れのスペイン〜パリで花開いたスペイン音楽」。
 今回、ナントに出張したライター仲間が交代で執筆している記事で、私の出番は最終回の第4回目。お時間があるときに、ぜひ寄ってくださいね。
 それからもうひとつ、「ラ・フォル・ジュルネ」の初日の5月3日(金・祝)の14時30分から15時30分までの1時間、ホールD1(コクトー)で講演を行う。
 以前にも書いたが、テーマは「天才はスペインから生まれ、芸術家はフランスで磨かれる」。実は、これは単行本を書いたときに、私が最初に提案したタイトル。でも、出版社とPR会社のかたたちの意向により、私の名前を記したタイトルになってしまった。
 今回は、本来のタイトルに合わせて講演を行おうと思っている。
 東京国際フォーラムのホールD1は、JRの有楽町駅からフォーラムに入ってすぐ左手にある、一番便利な場所。その1階なので、わかりやすいと思う。
 入場は無料で、有料公演のチケットの半券が1枚でもあればOK。ぜひ、聴きにきてくださいね。
 というわけで、まだまだそれ以前にやらなくてはならないことが山積みだが、時間はどんどん過ぎていく。
 焦らず、騒がず、自然体でと思いながら、やっぱり気は焦るんだよね。牛田くんの単行本、新譜のライナーノーツ、「家庭画報」の特集と、三つ巴じゃ。
 なんとか、体力と気力を充実させて頑張らなくっちゃ…。
| 情報・特急便 | 22:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE