Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ドイツ料理で打ち合わせ | main | 山の幸を堪能 >>
骨休め
 週末は、久しぶりに、本当に久しぶりに、高原の仕事部屋にいった。
 以前きたときから季節がいくつも変わり、紅葉の時期、雪の季節、新春、桜の季節と過ぎ、いまは新緑の真っただ中。
 今回は長い間蓄積した疲労を癒すため、仕事はたまっていた本を読むことだけにし、あとはひたすら緑を見て目を休めた。
 そして、なんといっても楽しみは、おいしい食事だ。
 ここは海の幸も山の幸も、お米も水もおいしい場所。まずは、おそばを食べにいった。
 老舗のおそば屋さんは、いつもながら人でいっぱい。でも、そば打ちがガラス越しに見られる場所が空いていたため、その席からじっくりとそば打ち名人のワザをながめることができた。
 そばで見ると、これは確かに職人ワザですな。あっというまにおそばができあがっていくのだが、そのひとつひとつの過程がとても興味深い。
 今日の写真は、そば打ちの様子と、私がいつも楽しみにしているにしんそば。
 このにしん、骨までやわらかくて、味付けが絶妙で、こしのある手打ちそばと相性抜群。でも、写真を撮ったら、そば打ちは粉が舞い散っていて、しかもガラス越しなので、なんだか霧のなかのよう。にしんそばは、あつあつで湯気がたっているため、これもぼんやりになってしまった。
 次の日は、今度はイタリアンにいき、粉物をまた賞味。海の幸たっぷりのピッツァだ。
 これもイカやタコやホタテやアサリがたっぷり入っていて、トマトソースとの絶妙マッチ。これも写真で紹介。
 ああ、こういうものをゆっくりいただいただけで、疲れがどこかに飛んでいくー(笑)。人間は、食が基本ですな。
 というわけで、自然のなかでおいしい空気を吸い、おいしいお料理を食べ、ゆっくり寝て、英気を養った週末。
 いよいよ、週明けからは「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」に取りかからなくちゃ。ゆるんだ神経にハッパをかけながら…。









 
| 美味なるダイアリー | 22:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE