Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< エリック・ル・サージュ | main | ヤーノシュ・シュタルケル >>
奇跡のクラーク・コレクション
 連日、連載とレギュラー原稿に追われていると、息抜きをしたくなる。
 今日は、先日の「ラ・フォル・ジュルネ」の講演で対談をした三菱一号館美術館の高橋館長から勧められた、「奇跡のクラーク・コレクション ルノワールとフランス絵画の傑作」を見に出かけた。
 週末の午後だからだろうか、美術館はとても混んでいてすぐには入館できず、ようやく展示室に入っても、大変な混みようだった。
 ルノワール、コロー、ミレー、モネ、シスレー、ドガ、マネら多くの画家の作品が73点見られ、久しぶりに心に美の栄養が与えられた気持ちになった。
 この美術館は、中庭がとても美しい。ビルの谷間に緑が多く植えられ、ところどころに椅子やベンチがしつらえてあり、カフェやレストランでは人々が陽を浴びながら談笑している。
 ここだけヨーロッパの空気をたたえているようだ。
 今日は、美術館のCafe1894で、展示されている絵からイメージして作られたというスイーツとお茶をいただき、からだにも栄養を補給した。
 そして、帰ってから一気に「日経新聞」の連載原稿を仕上げ、ようやく週末の仕事をすべて終えた。
 さて、これから深夜になると、テニスのローマ大会でのロジャー・フェデラーの試合が始まる。これをライヴ・ストリームで観戦しなくてはならない。
 ああ、忙しいこっちゃ(笑)。冷たいビールでも飲みながら、応援しようかな。
 今日の写真は三菱一号館美術館の入り口。緑豊かでいいよねえ、この雰囲気。


| 日々つづれ織り | 22:47 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE