Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ミロシュ インタビュー | main | ニコライ・ホジャイノフ >>
うずら卵と焼き豚のうま煮
 ふだんは、豚肉のかたまり肉を買ってきて焼き豚をじっくりと時間をかけて作るのだが、忙しいときはお肉屋さんの手作り焼き豚を利用している。
 今日は「うずら卵と焼き豚のうま煮」を作ってみた。
 まず、うずら卵10個〜12個をゆでて皮をむいておく。焼き豚100グラムは薄切り、にんじん50グラムも薄切りにして歯ごたえを残す程度にゆでる。
 小松菜1杷は食べやすい長さに切り、白菜300グラムもざく切り。しょうがはひとかけをみじん切りに。
 中華鍋にサラダ油かごま油を熱し、小松菜を炒めて出す。
 油を追加し、しょうが、白菜、焼き豚、にんじんの順に炒め、スープカップ1(ブイヨン2分の1個)を注ぎ入れ、酒、しょうゆ各大さじ1で調味。
 煮立ったら、うずら卵を入れ、小松菜を戻し、水とき片栗粉少々とごま油少々を入れてできあがり。
 これはごはんと別に盛りつけてもいいし、ごはんの上にあんかけのようにかけて食べても美味。
 おいしい焼き豚が手に入ったら、ぜひおためしあれ。
 今日の写真はできたての「うずら卵と焼き豚のうま煮」。暑い夏に元気が出そうな一品でしょ。本当に元気が出るんですよ(笑)。

| 美味なるダイアリー | 22:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE