Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 樫本大進ライナー | main | 家庭菜園のかぼちゃ >>
ラドゥ・ルプー来日
 昨年久しぶりに来日公演を行ったラドゥ・ルプーの演奏は、心に深く響くものだった。私が聴いたのは、オール・シューベルト・プロ。昨年の「音楽の友」のコンサート・ベストテンの第1位にしたリサイタルだ。
 そのルプーが、今年もまた来日することになった。10月12日から21日までの間にリサイタルとコンチェルトを披露する。
 今回のプログラムは、シューマンの「子供の情景」と「色とりどりの小品」、シューベルトのピアノ・ソナタ第20番という興味深い選曲。そしてクラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団との共演で、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番が予定されている。
 なんと充実した秋になることだろうか。
 先日、音楽事務所の担当の方から「アイ・ラヴ・ルプー」の記事を依頼され、今日はその原稿を入稿した。
 私はぜひアーティストレシピにルプーを加えたいのだが、なにしろ彼はインタビューをいっさい行わない。録音もやめたそうで、ナマの演奏を聴く以外、ルプーの音楽に触れる機会はない。
 だが、私の気持ちを察してくれ、担当者が今回は「ぜひ、楽屋にいらしてください」といってくれた。
 そこで少しでも会うことができれば、その印象でアーティストレシピが考えられるかもしれない。うーん、演奏もさることながら、これは楽しみになってきたゾ。ルプーは「神様のような演奏」をする人だから、きっと近寄りがたいだろうな。でも、そのオーラを感じ取りたい。
 今日の原稿は、KAJIMOTOのホームページに掲載される予定になっている。
 今秋は、ベテランのピアニストが相次いで来日。ピアノ好きにはたまらないシーズンとなりそうだ。
 そうだ、その記事も書く予定があったっけ。もうすぐ9月。本当にすばらしいシーズン到来となりそう。
 
| 情報・特急便 | 21:59 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE